Top

<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


Peperoncini Dolci

e0020455_555247.jpg


どうせ自分には使いこなせないからもったいないしいらない、とか、10万近くお金出すなら欲しいキッチン用具買った方がいい、とか、あるところでは発言したりとかもしているのに、ここ最近また気になり出したらやっぱり気になって仕方のない、デジカメ一眼レフ。何気に価格チェックしてみたりなんかして(笑)。日伊で比較すると、日本の方が断然お買い得感ありますね。写真にもっと奥行きとか、臨場感とか醸し出したいのだけど。う~ん。

More
[PR]
by ippopotamoo | 2007-03-31 06:13 | A tavola


seppie in umido
e0020455_242314.jpg


個人的にはCalamari(ヤリイカ)の方がやわらかくてオイシイと思うのだけど、この日はSeppie(モンゴウイカ)が特売だったもんだから選択の余地なし。モンゴウイカは肉厚で弾力があるものの、時々ゴムのように硬いヤツが居たりして、甘く見ていると隙をつつかれるのでご用心を。(モンゴウイカは、体長30㌢位になる大型のイカとのことだが、こちらで食されてるのは体長7-8㌢の小型のが多い。)


e0020455_2455212.jpg


とうことで、トマトソース煮に。in umido とは要するに煮込み料理のこと。煮込み料理はstufatoとも言うけれど、どちらかというと弱火でトロトロ煮込んだ場合がstufato。イカは、煮込む前にさっとオリーブ油とにんにくで炒めて取り出しておく。味に深みを出すためにパンチェッタ、エシャロットを少々入れてトマトソースを作り、イカを入れて煮込む。今回は使い忘れていた熟々トマトがあったので、処分も兼ねて生トマトを使用。適当に作ったわりには出来はまあまあ。(改善の余地あり)
[PR]
by ippopotamoo | 2007-03-29 02:54 | A tavola


近代未来(すぎな)都市
e0020455_7162640.jpg


無事に相棒が上海出張から戻って来ました。行きのフライト遅延に加え、香港ではビザ発給に6時間近くの待機を余儀なくされ、結局、滞在時間0,5日消失。で、土産は茉莉花茶。中国人DJのディスク(誰だか知らないのに興味本位で買ってみたのだとか)。極めつけは、MONTBLANCのペン。もちろん、これはお笑い用の似非物で相棒のパパさん用(笑)。

More
[PR]
by ippopotamoo | 2007-03-25 07:48 | 日々のこと


funghi きのこ
e0020455_7111284.jpg

三つ葉に埋もれて生息するきのこ

e0020455_712372.jpg

こっちは、オリーブの植木鉢に生えているきのこ (上のと同類と見られる)
手前のは単なる雑草


秋でもないのに、ベランダの植木にきのこが次々と生えてきてます。おそらく土に菌がついていたからだと思うのですが、こんなにたくさん出てきたのはちょっと初めて。

料理ブック、アップしました。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-03-24 07:29 | 日々のこと


みかんの缶詰
e0020455_7182753.jpg


今、「向田邦子 暮らしの愉しみ」という本をジュネーブ図書館からちょいとお借りして読んでいるのですが、’みかんの缶詰の残りで作ったゼリー寄せ’という節を読んで、やられてしまいました。写真があるわけではないので、それがどういうものだったかは謎なのですが、おそらくサラダや和え物なんかに使った缶詰のみかんの残り(実と汁)でゼリー寄せを作ったものだと想像し、自分が子供の頃に大好きだったみかんのゼリーというのを瞬時に思い出してしまったのです。今から考えると、大したものではないのですが、ぷっちんプリンのような容器に入っていて、オレンジ、黄緑色のゼリー(だったと思う)の中に缶詰のみかんが入っているもの。私のお気に入りは体に悪そうな黄緑色のゼリーの方で、母に食べていいよと言われるまで透き通ったゼリー越しに見える缶詰のみかんを眺めるのが好きだったなぁ。食べていいよと言われてお皿に開けてあけてもらってからも、崩して食べてしまうのがもったいなくってじーっくりと四方八方から思う存分眺めて、それから食べていたのでした。

それで、そのゼリーが食べたいとは今は思わないのですが、みかんの缶詰が食べたくなってしまい、してやられたーという具合。よくよく考えると、こちらにはみかんの缶詰はありません。やはり、あれは日本ならではなのでしょうか?ということで、欲しいものリストにみかんの缶詰を追記してしまいました。母に、なんでそんなもの欲しいの?と言われそうですが・・・。

写真は、タイトルのみかんとは全く関係ない、あの方お手製の柚子とりんごのコンフィ。
もうひとつ頂いた柚子とはちみつのコンフィは、パウンドに入れて嗜まさせていただきました。
(って、もう半月以上も前のこと。)
[PR]
by ippopotamoo | 2007-03-21 07:39 | A tavola


shanghai 上海

ずっと以前に「仕事で中国へ行く機会があるかもしれない」と相棒が言っていたことがあって、それじゃその時は私もついて行くから!と話していたのだけれど(私はかなり本気で)、木曜日に相棒が「ひょっとしたら上海へ行くことになるかも知れない」と言い出し、翌日の金曜日には決定。そして出発は来週の火曜日。あまりに急でついて行くどころの話でもなく、ちょっとがっくり。こうなったら、せめて土産だけでも買ってきてもらなわなくてはー!と欲張り精神が沸々と込み上げてくるも、これまた急すぎて「中国で買ってきてもらうもの」が思いつかない情けない自分(苦笑)。中華調味料(臭いトウチとか)とか?それ以前によくよく考えると、中国のことをあまりよく知らない自分に気づきました。コレがお薦めというものあったら是非教えください!

e0020455_3294579.jpg


ところで、私がこんな気楽に何買ってきてもらおうか考えている一方で、相棒の方はちょっと不安が隠せないというご様子。まず、急なので仕事の方も準備が整っていない=よい結果が出せない、という不安。そして2つ目の不安は、旅路。8時間を越える飛行を経験したことがない上に、今回はアムステルダム→香港→上海という旅程。こんな急なのだから、直行便にすればいいのにと思うのですが、急すぎてビザを取っている時間がなく、この旅程で行くしかないのだそうです。何やらミラノにある中国の領事館が週に3日、しかも朝9時から12時までしか開いてないとかで、月曜日はお休み、火曜日に申請して上手くいって出来上がるのは水曜日。出発は火曜日だから、到底間に合いません(笑)。それで、旅行会社に相談したところ、この旅程なら大丈夫ということで、フライトを抑えたそうなのですが、本当なんでしょうか・・・。そして滞在日数は2,5日で土曜日には戻ってきます。ま、今年は日本へ行く予定なので、人でごったがえしたアジア体験&長時間フライトの予行練習ということで、頑張ってきてもらわねばなりません。(意地悪い私)

写真は、こしあんと求肥で赤福餅のつもりな今日の和菓子。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-03-18 03:43 | 日々のこと


きょうの料理

実家の母から小包が届きました。頼んでおいたもの以外に、またいろんなものが詰め込まれていて、今回はなんと生の蓮根。「海外在住の人で日本からこっそり生野菜を送ってもらっている人がいるけど、意外と大丈夫みたいよ」伝えたら、「じゃ何か入れてみるわ」とのこと。竹の子も入れる気だったらしいのですが、さすがこちらは真空パックでした。よかった。

e0020455_245214.jpg


そして、NHKの「きょうの料理」も2冊入っていました。(私のリクエストではありません)。NHKシリーズは母の愛読誌のようなのですが、私にとってはどうせ送ってくれるなら、「Wa.Sa.Bi」 とか「エル・ア・タブル」だとかちょっとオシャレなのにして欲しい。とまぁ贅沢にも思ってしまうのだけど、母にわかるはずもありません。過去に小林カツ代の料理雑誌だったこともあったりして、一瞬ずっこけそうになったこともあります。

が、この「きょうの料理」、今回はなかなかいいじゃない、と思ったのです。人気料理家(有元葉子さん、ケンタローさん、高山なおみさんなど)のレシピ連載もあり、写真なども以前と比べると現代っぽいあしらいだからなのか、はたまた、私がオバさんになっているのか・・・。食材についての知識や、調味料の一味違った使い方だとか、肩肘張らずに家庭で活かせるアイデアが満載。今は実家を出て自分の食生活スタイルというものがあるけれど、私は母の料理で育って来たのだから、母が薦めてくれるレシピ(や料理雑誌)は自分の根本的な部分にあるものなのかも知れない、とふと思いました。(自分が望んでいるスタイルとは別に。)そして、自分がついつい肩に力を入れて作らなければ作れないような料理ばかりに目が向いていたことに、気づかせてくれるものでもありました。

かと言って、「また『きょうの料理』送って」とはお願いしないのですが(笑)
[PR]
by ippopotamoo | 2007-03-15 03:05


フリット・ミスト(魚介)
Loanoから車で西へ15分ほどのAlbengaという街のリストランテへ。どちらかというと今回リグーリア訪問のメインイベント(笑)。

e0020455_4262446.jpg

なんとなく、網に絡みついた雑魚のように見えなくもないのですが、通常Fritto Mistoというと、小魚、イカ、エビ、そしてゲソいっぱい、というパターンが多いのに、ここのは新鮮な魚を丸ごと素揚げ。(ちょっと食べるの大変。)真っ赤なのは、甘海老。

残念ながら100%リグーリア沿岸で獲れた魚介類ではないとのこと。でも、こんなに美味しいフリットを食べさせてくれるリストランテはイタリアと言えどもそうはそこらにあるもんじゃないような・・・(?)
[PR]
by ippopotamoo | 2007-03-14 04:33 | *Italia


Loano (Liguria), Marzo 2007
e0020455_649589.jpg


Loanoは、リーグリア州のSavonaとImperiaの中間あたりに位置する海岸沿いの街。リーグリア沿岸地域は、ミラノから2時間という距離(ミラノから一番近い海)なので、昔から多くのミラネーゼたちに愛されているリゾート地であり、夏場はもちろん冬場もその温暖な気候な為、療養も兼ねミラノを離れてここで冬越しをするというご年配の方も多いのです。今年は11月から3月まで相棒両親もこのLoanoに家を借りて、毎月の半分くらいをここで過ごしてました。

ということで、週末は相棒両親を訪ねに行ってきたのですが、絶好の晴天に恵まれたものの、強風につき散策も写真撮影も適当にそそくさと退散。行く先は・・・。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-03-13 07:04 | *Italia


スキン編集


また、興味本位でスキンの変更にチャレンジ。
「友禅」のバックグランドを排除してみたところ、オリジナルからは
想像ができないほどシンプルになって、なかなかいい具合。

が、リンク・トップ・マイブログのところだけがオレンジ(笑)。
しかも、位置がへんてこりん!なんとかせねば・・・。

余計な線を取りたいが為に、適当にいじったのがいけなかった。
適当にいじったから、どこをいじったのか覚えておらず
元に戻せないという始末。また日を改めて、編集。


[PR]
by ippopotamoo | 2007-03-10 01:24 | 日々のこと

    

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧