Top

<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


小豆と大豆
e0020455_438976.jpg


桃の節句が間近でちょっと季節はずれなのですが、今年は春を先取りしようと思って桜あんぱんを作りました。昨年ある方から桜の塩漬けを頂いて、使うのをとても楽しみに大事にしまってありました。なので、絶対に時期を逃しはしないぞ、と気合が入っていたわけです(笑)。でもちょっと早すぎました。で、どうして和菓子でなくて桜あんぱんなのかというと、昔(今もあるのかわかりませんが)、あんこに桜風味のもち米を混ぜた桜あんぱんというのがあって、なんだか無性にそれが食べたくなったから。人(というか私)のもつ味に対する記憶ってすごく不思議で、必ずしもそれがものすごく美味しいものではなく、美食ブームの今では口にするのも恥ずかしい、というようなものが時々食べたくなったりするのです。きっと、食べ物の記憶って、強烈な印象とともに記憶の奥底に残るものなのなんでしょう。

e0020455_4385232.jpg

話が飛びますが、先日、洋風卯の花というものを作ってみました。これまたある方から頂いた乾燥おからを大事に半分とっておいたのですが(笑)、賞味期限が近づいてきたので使うことにしたのです。それで、パッケージの裏に書いてあった洋風卯の花というのをやってみることに。簡潔に言うと、牛乳で戻した乾燥おからと具をマヨネーズで和えるというもの。具はツナ、コーン、アスパラやいんげん(私はグリーンピースを使いました)など。アクセントにディジョンマスタードを加えました。で、これが、美味しいのです。ポテトサラダとは違った美味しさ。おからって言ってみればお豆腐を作ったあとの「大豆のかす」なのに、なんて美味しいのだろうと、一人で感動。(私は和風の卯の花もとても好きです)。それで思ったのが、小豆のかすは何かに使えないのかということ。この桜あんぱんを作るのに、せっせこと小豆を漉してこしあんを作ったのですが、その時に出た小豆のかすといったら、これまたすごい量。捨てるのが惜しまれるところ、捨ててしまいました。これはちょっと、利用方法を調べてみなければなりません。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-02-28 04:43 | A tavola


carne vale(肉よ、さらば)
e0020455_1314462.jpg



通常、Martedi di grasso(肥沃な火曜日)を最終日とするカルネバーレ。Quaresima(四旬節:謝肉祭までの40日間は 食事の節制と祝宴の自粛を行う)が始るMercoledi delle ceneri(灰の水曜日)の前日に行われるお祭りである、とここまで詳しく調べてみたのは今年が初めて。いったい、イタリアに何年いるんだか・・・。相棒も毎年どの時期がカルネバーレなのかなんて把握する気は全くない様子だし、以前に相棒マンマに説明してもらった記憶はあるものの、ちゃんと理解していなかったのでした。

今年は20日がマルテディ・ディ・グラッソでしたが、ミラノの場合はCarnevale Ambrosianoと言って、謝肉祭の最終日が通常の火曜日よりも4日ほど後の土曜日になります。よって、今年は24日(土)が謝肉祭最終日。これは、通常のカトリック教の儀式とは別に、ミラノの大半のカトリック教会がミラノ大司教聖アンブロジオが始めた典礼に基づいて儀式を行う為のようです。不思議ですけど。なぜ、4日遅い土曜日なのかは知りません。また来年にでも調べてみましょう。

このカルネバーレの時期に食べるのが、Frittelle(シュー生地を揚げてお砂糖をまぶしたもの。中にクリームやチョコレートが入っているものもある)。作るのが面倒なので買ってきました。私はプレーンなのが好きです。調べてみたところ、四旬節の断食前に卵を使い切ってしまう為にパンやお菓子を焼いたという風習があったんだとか。なるほど、なのでカルネバーレには卵を使ったお菓子やパンが各地で食べられているんですね・・・。


トマトのオーブン焼き、アップしました。→料理ブックへ。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-02-24 23:52 | 日々のこと


野菜を食べる
e0020455_3493137.jpg

これはCima di Rapa。耳の形をしたパスタOrecchietteと和えて食べるのでよく知られている菜っ葉なのですが、パスタと和える以外では、こんな風に浅鍋かフライパンでじっくりと炒めて食べます。味付けはオリーブオイル、アーリオ、塩・胡椒。時々ぺペロンチーノを加えることも。

e0020455_3503246.jpg

こんもり山盛りだったのが、1時間もするとこんなに嵩が減ってしまう。ちょっと残念(笑)。下ごしらえもへったくりもなく、洗って粗く刻んで、後は炒めるだけ。でもこれが、モリモリ食べずにはいられないという美味しさになる。イタリアだと家で食べる野菜はこういうのがほとんど。茹でて、蒸して、オリーブオイルをかけて、とか、あるいは生で。言うならば、大雑把というのか、手間いらず、というか。またそこがよかったりするのも否めない。

e0020455_3525976.jpg

ところで、日本の和食では、野菜でも下処理、下ごしらえがすごく重要。味がよく染みるように、煮崩れしないようにと面取りをしたり、灰汁を抜く為に米のとぎ汁で下茹でしたり。それもまた野菜それぞれの旨みを引き出すために大切な過程であって、日本の食文化は野菜をよく知り尽くしているということなんだ、とちょっと誇らしげに思ったり(笑)。でも、たまにやるから楽しく感じるのであって、これを毎日やっている日本の主婦の方たち、偉い!この日は、初めて白蕪を見つけたもんだから、嬉しさのあまりに大事に大事に皮をむいて、面取りをしたのでした。大根は、ブリ大根の時の大根。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-02-23 04:01 | A tavola


2年がかりの・・・
e0020455_2445666.jpg


今年は日本もヨーロッパもどちらも暖冬のようで、冬場の絶対必需品、ババシャツの出動回数がぐんと低い。ここ数日は、日中コートを着て外を歩くと汗ばむほどの温かさ。

なので、今年はもうあまり出番がなさそうだけど、完成したのです。モチーフ編みで作ったひざ掛けが、2年がかりでやっと出来上がりました。もともと飽き易い性質というか浮気症というか、一度手をつけておきながら違うことをやりたくなってしまったりするので、ちょっと時間がかかってしまいました(笑)。

そして、今
[PR]
by ippopotamoo | 2007-02-21 03:08 | 大切なもの


Ricciola ブリ

e0020455_333740.jpg

最近足を運ぶようになった魚屋さん(引越ししてから通うようになりました)、スーパーの中にある魚屋さんですが、種類豊富で新鮮なお魚があるので最近のお気に入りです。おばちゃんやお姉さんも親切だしね(何故か、ここではまだおっちゃんを見たことがない)。それと、ジャパニーズコーナーが併設されていて、パック入りのお寿司と刺身、サ○ポロビール(ア○ヒだったかも)なんぞやが置いてあるんですよ(笑)。

ちなみに、寿司飯がまずそうなので試すつもりはありませんけど。

先日のムール貝もそこで買ってきたのですが、ちらっと覗きに行ったらブリ(80センチ以下だから正式にはワラサ?ハマチ?)発見!正直なところ、Ricciola=ニシカンパチということは事後に辞書をひいて知った次第なのですが、横に黄色い線が入っている姿を見て、これはブリでしょう、と変な確信を持って買ってしまいました。(23.90ユーロ/㌔。買ってきたのは700㌘弱)。

e0020455_383296.jpg

ちょうど大根もあることだし、一匹丸ごと使ってブリ大根に。もう長いこと食べていなかった、私の好物。ブリは好きな魚の1位に入るかも、というくらい好きな魚なのです。が、脂のノリがイマイチでした。残念。そのかわり、大根には味がよーく沁みていて美味しかったー。オカシラ、頭が一番美味しいんだよ、と言うと、相棒が喜んで食べました。さすが目玉は食べませんでしたが。


Ricciola、イタリアでは、フライパンで焼く、オーブンで焼く、フライに、パスタの具に、といろんな食べ方をされています。

和風トリュフ、アップしました→料理ブック
[PR]
by ippopotamoo | 2007-02-17 03:22 | A tavola


Tenda カーテン
e0020455_2542668.jpg


カーテンの選択って難しいな、と思うのですが皆さんはどうされているんでしょう?
日本の実家は、布地がペーズリー織で無地(水色、薄ピンク系が多かったような)、あるいはやっぱり水色、薄ピンク系で縞なんてのが殆んどでした。選ぶのは母で、母なりの美学や合理性にかなった選び方をしていたと思うのですが(部屋が明るく広く見えるとか、汚れが目立たないとか)、学生の頃の私は部屋の感じだとか予算のことなどは全く考慮せず、ローラ・アシュレイの英国感溢れる高貴な花柄模様のカーテンなどに、ただただ憧れたのでした。(母には値段の点で軽く却下されましたが。)

あれから、好みもずいぶん変わってインテリアに使うものは、いたってシンプルなものが好みになり、今、ローラ・アシュレイの花柄を買ってあげる、と言われても逆に躊躇してしまうのですが、今は今でいろいろとお洒落な柄物カーテンがたくさんあるのでちょっと気になっていたりします。が、やっぱり今のところインテリアに自信があるわけでもなく、室内がごちゃごちゃした感じになってしまうのを恐れて、安全路線な無地を選んでます。しかも、清潔感があって、部屋が明るく広く見えるという理由で、いつも白いカーテン。(ちなみに、こちらは日本で言うレースのカーテンと表カーテンを二重でつける習慣はあまりなく、カーテンは一重なのが一般的)。ただ、いつも白じゃなんだか味気ないというか、無難すぎるというか・・・。でも冒険できません(笑)。

e0020455_38099.jpg


それで、せめてキッチンだけは柄物カーテンをつけるようにしているのですが、トップの写真は今回取り付けたキッチンのカーテン。キッチンが白X黒がベースなので、部屋の雰囲気とは合っているのですが、ちょっと奇抜。インパクトありすぎかも、と思いつつ結構気に入っている自分もいたりします。布地はお手ごろ価格がウレシイIKEAのもの。本当はこのドット柄でカーテンを作ろうと思ってIKEAへ行ったのに、結局カーテンには違う柄を選んで帰ってきました。ドット柄の方はクロスやエプロンを作ろうかな、と思ってます。そのうちにですけど・・・。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-02-14 03:24 | 日々のこと


下処理後
e0020455_2149487.jpg


今日はちょっと用事があったので仕事をお休みしました。用事は午後だけなのですが、いろいろやりたいこともあったので思い切って1日オフ。午前中は友人の誕生日プレゼントを探しに軽くショッピングへ行ってきました。でもめぼしいものが見つからなかった挙句、自分の物買ってきてしまいましたー。

e0020455_2150583.jpg

用事といっても、キッチンに一部不備があったのでその修理に来てもらうのですが、「14時から18時の間に訪問します」というアバウトさ。そういうことならこちだって有閑マダムになった気分で、優雅な午後を過ごさせてもらわねば。ということで、お茶を啜りながらブログ(笑)


e0020455_21542940.jpg

さて、先日のムール貝、パエーリャもどきにしました。海老も入れる予定だったのに、来るはずの友達が来なくなったので海老は取り止め。冷凍になっていることだし、無理に豪華にしなくても、違う日の晩ごはん用に使いましょうということで。(←有閑マダムというより、ドケチ主婦)ちなみにイカは冷凍物を使いました。

miercoles
[PR]
by ippopotamoo | 2007-02-07 22:37 | A tavola


下処理
待機中

e0020455_7523463.jpg



ふと思えば日本にいた頃は、酒蒸しにしたり御味噌汁に入れたりはたまたパスタに入れたりと、あさりを頻繁に食していたように思うのだけれど、スパゲッティ・ボンゴレの国イタリアに暮らすようになったというのに何故かボンゴレを食べる機会がめっきり減ったような気がする。気がするのではなくて、確実にそう。だって、値段が高いから買う機会も少ないのだ。

一方、ムール貝に関しては全くその逆。日本にいた頃はパエーリャにムール貝を入れたいと思っても、たかが5-6個でビックリするくらいの値がついていて手を出す気になれなかったという思い出がある。それに比べると、こちらではいくらでも買ってさしあげようじゃないの、というくらいにお手軽なお値段のムール貝。このボール1杯のムール貝は約1,3㌔あるのだけれど、これでシメテ3.30ユーロナリ。手洗いで汚れやツタのように絡まっている藻(?)を根気良く取り除いてあげる必要はあるけれど。綺麗に洗ってあるものは何と値段が倍。それならば、自分で洗いますとも。

*スイマセーン、値段打ち間違えてました。30ユーロでなくって3,30ユーロ也。

e0020455_7593124.jpg

それにしてもムール貝って見た目がちょっとグロテスク。
イタリアで女性のことをCozza(ムール貝)と言うと、ブスという意味になるんですって。


補足:ぱっくり口が開いてしまった場合は、台に叩きつける。
それでも口を閉じなかったらポイっ。

[PR]
by ippopotamoo | 2007-02-06 08:02 | A tavola


寿司デー
日本では2月3日は節分の日だから、恵方に向って太巻きをかぶりつく日。明日は土曜日だし、ゆっくり準備して夕飯に太巻きを作ろうと思っていたら、急遽友達から外ディナーのお誘いが。でも、どうしてもお寿司が食べたいので、1日前倒しで寿司ディナー。


e0020455_7375625.jpg

なぜか海外だと圧倒的に人気がある裏巻き。私が想像するところの人気の秘訣は、海苔がダイレクトに口(舌)に当たらないからなんじゃないかと思うのだけれど、本当のところはどうなんでしょう。海苔が嫌という外国人の方、結構多いのです。

e0020455_7411533.jpg

裏巻きの中でもカルフォル二ア巻きはあまりに有名だけど、今日は鰻&アボガド、鰻&きゅうり&錦糸玉子の裏巻き。これ、確かドラゴンロールとか言うんでなかったかな。最近は和食屋さんでもいろんな巻寿司があって、スパイシーツナ、サーモンクリスピー、てんぷら巻きなど、結構イケます。

今日のヒット試作品
[PR]
by ippopotamoo | 2007-02-03 08:03 | A tavola


あっ、繋がった♪(ケド、写真更新ミスってました。汗)
今朝、イタリアの電話会社テレコムイタリアのおっちゃんが回線工事に来たのですが、引越しから約10日後にして、やっと回線がつながりました。たぶん、電話回線だけでADSL回線に関してはまた時間がかかるんじゃないの?なんて思ってたんですが、大丈夫でした。なんか、腑に落ちない感じ(笑)。そして、引越し片付けも随分落ち着いてきまして、なんとか日常生活のリズムを取り戻しつつあります。休止中の間も訪問してくださった方どうもありがとうございました。

e0020455_6352768.jpg


写真はrainyさんから頂いた京都花世屋さんのそばの実金平とう。
抹茶味のこんぺいとうの中にそばの実が入っているので、香ばしくて美味しいのです。


金平糖
[PR]
by ippopotamoo | 2007-02-01 02:39 | 日々のこと

    

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧