Top

<   2006年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧


hijiki de aglio, olio e peperoncino
e0020455_4365283.jpg

イカスミパスタ?

ひじきでアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノを作ってみました。黒々しくて、見た目がちょっとエグイですね(笑)。この前の乾燥いんげん豆で作ったきんぴらがあまりに美味しかったので、乾物に目覚め(笑)、早速、乾物料理の本を検索していたら有元さんの本がヒットしました。どうやら、有元さんのレシピにこのひじきのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノがあるようで、私は想像で作ってみたのですが、これがヒット!ひじきを煮るとなると面倒でも、これはささっと炒めるだけなので、楽チン。ごはんにも合うし、パンにも合います!
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-30 04:54 | A tavola


Pesto di Pomodori Secchi : ドライトマト・ペースト

e0020455_3363861.jpg

これ、(相棒の妹さんの旦那さんのマンマ)アンジェリーナが漬けたドライトマトです。先日、相棒の妹夫妻の結婚10周年で家族が集まった時に、食卓に出ていた瓶を丸ごと失敬してきました。ドライトマトは市販のもの。レッドペッパー、ベイリーフ、ピスタッキオ、にんにくとともにオリーブオイルで漬けるんだとか。それにしても、うまーい!!


e0020455_3354187.jpg

昨晩はそれをFPでガガガッ~として、ドライトマトのペーストにしてみました。このレシピはこちらの料理本によく出ています。オリーブオイルで少しのばして、後は茹でたパスタと和えるだけ。お好みでバジリコとパルミジャーノを。あっ、なかなか美味しい。

でも、ドライトマトはそのままパンと食べるのが一番いいな。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-27 03:42 | A tavola


Fagiolini Secchi : 乾燥いんげん
ちょっと前にtnkさんのところで見かけたこの乾燥いんげん。気になって、いろんなスーパー、BIOショップを探しまわったのですが発見することが出来ませんでした。そしたら、ご親切なtnkさん、わざわざジュネーブから送って下さいました!(というより、無理やり送ってもらった。)


e0020455_16282331.jpg

パッと見はわかめのよう。




e0020455_1629328.jpg


水で戻した後、私もキンピラ仕立てにしてみました。これがまあ、なんとも美味しいこと!シャキシャキ・コリコリとした感触が、癖になります!そして、ご飯が止まりません!!

tnkさんどうもありがとー!
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-23 16:35 | A tavola


豆ディップ =グリーンピース=


e0020455_2094915.jpg


空豆ディップと同じ要領で、グリーンプースでディップを作ってみました。
今回は冷凍の物を使用して、皮ごとFPでガガガッ~と。


水分が多かったので、餡子を練る要領で好みの硬さになるまでお鍋で練ってあります。それでもまだ水っぽい。ディップにするには缶詰の方が向いているのかもしれません。口の中で皮の異物感を感じるものの、なかなかのお味でした。臭みを消すために、パルミジャーノを入れてもいいと思います。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-21 20:33 | A tavola


Hua Juan : 花巻
パン作りの延長として・・・

e0020455_33386.jpg

同じ粉でも捏ねてから蒸す花巻に挑戦してみました。
ずーっとやってみたかったものの一つ。
やっぱり、綺麗なねじりがができませんでした。(単なる粉の塊!)
でも、蒸したての’ふわふわ’が美味しいこと!


e0020455_3335023.jpg

これは、唯一それっぽい形に出来上がったもの。参考にしたウー・ウェンさんの「北京小麦粉料理」には、とても丁寧な解説が書かれているにもかかわらず、実際にやってみると、ねじりのところでチンプンカンプン(笑)。ねじる方向が悪いのか、ねじりが足りないのか・・・。何度やっても写真のようには出来上がらないのです!まるで、子供の頃に折り紙の本を見て折り紙を折ってるのと同じような気分。(絶対に最後まで辿り着けない・・・)。ただ、自分でもわかる「ここがいけなかった」というポイントは、油の不足。花巻は生地を広げ表面に油を満遍なく広げて巻くことで、あの層が出来上がるのだと思うのですが、油量がイマイチ足りてない為に、私のは層と層とがくっついてしまってます。これはリベンジしますとも・・・。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-20 03:43 | A tavola


リサイクルショップ
土曜日に久しぶりにリサイクルショップへ行ってきました。
もう着ない衣類の処分に、はじめてリサイクルショップを利用してみたのが5月。
商品を持ち込むと、お店の人が引き取れるものと引き取れないものに分けてくれて、明細と金額の入ったリストを作ってくれます。60日以内に商品が売れれば、売値の50%が自分のもとに入ってくるというシステム。60日たっても売れない場合は、再度自分が引き取るかお店に寄付するかを選択できるようになってます。

e0020455_3343082.jpg今回は秋冬物の持ち込みと5月に持ち込んだ商品が売れたかどうかを確認しに行ってきたのですが、6点持ち込んだうち売れたのはたったの1点(笑)。売上金額13ユーロの物だったので、私の持分6,50ユーロから請求書発行代0.62ユーロが差し引かれ、5,88ユーロの儲けなり。



ブランド物だと、↑の伝票のようにちゃんとブランド名まで記載してくれるのはいいんですけど、レジのおばちゃんがよーくわかってないのか(笑)、Max&COなのにMax Maraって!そんなMax Maraだったらリサイクルショップには持っていかないっつーの!という突っ込みを入れたくなりましたが、黙っておきました。

もともと必要がなくなった物なので、売れても売れなくてもどちらでもいいのですが、売れればシメシメ、売れなくってもどこかで利用されてくれるのであれば、それはそれで嬉しい、といったところ。ただ難点は、季節の物しか引き取ってくれないということでしょうか。例えば5月には秋冬物と春夏物の入れ替えをして、「これはもう来年は着ない」から箪笥にはしまいたくない秋冬物を持って行ったのですが、「10月ごろに持って来て!」と言われて引き取ってもらえませんでした。今回は、前回引き取ってもらえなかった分と、さらに秋冬物の整理をして必要ない物を選んで持っていきましたら、全部引き取ってくれました!さて、どれだけ売れるんでしょうね~。60日後がちょっと楽しみ(笑)。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-19 03:54 | 日々のこと


Marmellata:ジャム
先週後半から雨の日が続き、気温も下がりました。寒いな・・・と思いながらもちょっと気を抜いていたら喉が痛くなってしまい、ベットの掛け布団に薄い毛布を一枚足しました。ちょっと早いかな~と思ったけど、ぬくぬくしてちょうどいいです。

e0020455_234057.jpg


喉も痛いことだし、週末は自宅でゆっくりしながらPCと格闘。四苦八苦しながら、なんとか写真編集に成功いたしました。ブログ上で叫んだら、kippisさんがご丁寧に処理方法を教えてくださいました~。ありがとう!その他いろいろアドアイスを下さった皆様、ありがとうございます♪


写真は、アプリコットとプルーンのジャム。ジャム作りのマエストロ(勝手にそう呼ばせてもらってます)であるこの方の影響を受けて、今年は私もジャム作りに奮闘してます。はじめはトロみが足りなかったり、煮詰めすぎてしまったり、と失敗もありましたが、なんとか納得できるものができるようになってきました。そして、そして、自分で作ると美味しさもひときわですね。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-17 23:41 | A tavola


鰻の蒸寿司
e0020455_3171331.jpg


一度は食べてみたいあつた蓬莱軒のひつまぶし。こちらであまりにも美味しそうな映像を目にした後、即買いしてきてた冷凍の鰻。いつものいけない癖で、すっかり冷凍庫に放り込んだままになってました。ひつまぶし風にして戴くために買ってきたのに、2ヶ月たったらすっかり気変わりして、蒸し寿司にしてみたくなっていました。

包みの中身
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-16 04:11 | A tavola


パウンド
もー、どーにもこーにも我慢できなくて、和風系パウンドを焼くことにいたしました。

まずは、これ。

e0020455_1521375.jpg


黒糖パウンド。黒糖の薫りとまろやかな甘味がたまりませぬ。
何気に入れてみた胡桃も、絶妙にマッチング。
お口の中でよいアクセントとなってくれました。



さあ、助走をつけて本命にチャレンジ!
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-14 02:00 | A tavola


Phò Bo : フォー・ボー
e0020455_5103415.jpg


久々のアジアン料理。今日はベトナムの麺料理、フォーにしました。さっと炒めたしゃきしゃきのもやしとカルパッチョ用のお肉をトッピングにして、フォー・ボー(牛)。私はお肉を炒めてしまったけど、本場ベトナムではしゃぶしゃぶ用のお肉をそのまま麺の上にのせて、上から熱々のスープをかけて戴く方法もあるんだそうですね。ああ、ベトナム行って見たいです!

麺の重要ポイントともいえるスープですが、市販のフォー用のスープ出汁がどうも鼻についてならないので、鶏がらスープ、ヌクマム、塩で味付けをしたさっぱりスープでいただきました。私はこの方が好み。次回は鶏ハムを仕込み、その出汁でゴールデンスープを作って、フォー・ガーをやりますぞ!
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-13 05:54 | A tavola

    

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧