Top

<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧


うちの酒の肴
e0020455_1273477.jpg


先日、ヒマさんのところでみた「酒の肴、あれこれ」。やっぱりお酒好きな方というのは、本当に旨い”肴”をご存知でいらっしゃる。仕上がりが和製チーズのようになるという「お豆腐の味噌漬け」が、あまりにも美味しそうだったので私もやってみました。

こちらの木綿豆腐は、カチカチで水分がないですので水切りの必要もなく、そのまま味醂でといた味噌の中にぶちこんで完了!しかしですよ、その後にヒマさんブログに戻ってコメント欄を読んで焦りました。カーゼで包んでなかったのです(汗)。というか、よく読むと本文にもカーゼで包んで味噌床にって書いてある・・・。
 
ワタクシ、何を考えたのか味噌がついたままラップで包んで、ホッ。←コレ、全く意味のない対策。


2晩漬けた後、取り出して味見をしてみたらすごく美味しい和製チーズと化しておりました。お豆腐なので動物性脂肪も含まれずカロリー控えめ。この日はダイスカットにしてこんな風に酒の肴として食卓へ。


e0020455_131245.jpg



でも、よく考えるえると、タイトルにうちの酒の肴なんて書いてしまったけど、全部買いおきしてあるものを器に盛ってるだけでした。私も旨い酒の肴が作れるような人妻を目指します。

左上から時計まわりに

・木綿豆腐の味噌漬
・Cetorioli (ピクルス、Zuccato製)
・Olive Siciliane Schiattate
(シチリア産オリーブ。叩いて砕けたものを、セロリ、人参、ぺペロンチー二で漬けたもの)
・Cippoline (小玉ねぎの酢漬け、Zuccato製)
[PR]
by ippopotamoo | 2006-05-30 01:37 | A tavola


レモン&バジルジェラート

e0020455_223462.jpg

Gelato al Limone e Basilico


レモンとバジルのジェラートを作ってみました。あまりにおいしくて、本当は誰にも教えたくないくらい(笑)。レモンとバジルが奏でるハーモニー!たまりません。ジェラート好きなので、いろんなジェラート屋さんをチェックしてますが、レモン&バジルというのはこれまでには見たことのない味です。うちの近所のジェラート屋さんにこっそり教えてあげようかな、なんて。


e0020455_239467.jpg


ポイントは、牛乳を沸騰直前まで煮立てたら、レモンの皮とバジルの葉を入れて1時間放置すること。実は自分でアイスクリームを作ったのは初めてなのですが、手作りアイスってこんなに美味しいんですねー!(感激)。そして牛乳と生クリームの比率を変えれば、あっさりなのからコクありなのまで好みで調整できるし、さらに低脂肪牛乳を使えばカロリーカットにもなりますね。

レシピ
[PR]
by ippopotamoo | 2006-05-27 02:45 | A tavola


体長7センチ!
e0020455_156926.jpg


シソボーボー


すこぶる順調に育ってマス。そう、これはdaidaiさんからわけて頂いたLa育ちの青じそでござります。種蒔きは、5月頃がいいと聞いていたにもかかわらず、待ちきれずに4月中旬に行ってしまいました(笑)。言い訳を申しますと、栽培に失敗した時のことも考えて、事前対処というわけありなん。(頂戴した種の1/3のみ使用)。

それでも、かなり多く種を蒔きすぎてしまったようで(汗)、間引きしたにもかかわらずすっごい密集しちゃってますでしょ。ただいま、縦7㌢、横5,5㌢程。これでも、もったいなくって間引きなんぞしたくなかったのですが、daiadiさんから「間引くのが最大のポイント!」とアドバイスいただいておりましたので、ちゃんと間引きをしました。でも、間引いた方は「ポィ」出来ずに、違う鉢にきちんと植えて分家しました。こちらはやや劣るものの、一歩遅れというスピードで成長しております。(狙いは、時間差攻撃で2倍楽しむ!)

今のところ、一番心配していた虫もつかずに毎日目に見えてわかるくらいに大きくなっています。この調子で行くと、今年は薬味付きでそうめんや冷やしうどんがいただけそう!
うっししぃ~(涎)

大きくなれよ~!

小学校以来の観察日記
[PR]
by ippopotamoo | 2006-05-24 02:27


巴里の空の下オムレツのにおいは流れる

e0020455_2171670.jpg

Sous le ciel de Paris ça sent bon des omelettes


これは、ただいま読んでいる本。
やっぱりイタリア語の本では長続きしませんので(汗)、気分転換に手にとった本。これは昭和38年(’63)に暮しの手帖社から出版されたもので、著者はシャンソン歌手の石井好子さん。大好きな’パリ’と’料理’つながりで、以前からものすごく気になっていた1冊なのですが、ようやく手に入れました。同じタイトルでレシピ編というのもりますが、今回はまずエッセイの方だけ。表紙もとってもお洒落♪


内容は、まだ日本人が今ほど海外に進出していなかった頃の、石井好子さんのパリ留学体験記を書きおろしたエッセイ。そこにでてくるお料理が、今では当たり前すぎて誰も振り返らないようなものだったりするんだけど、やっぱりそれは料理の基本の基本であったり、昔なつかしいお料理だったりで何か心をくすぐられるものがあります。

そして、当時のパリの様子、当時の日本ではどんな風に海外文化が受け入れられていたのかが伺えるのもこの本の醍醐味。石井好子さんが本でも普通に書いていらっしゃますが、当時はバターのことを「バタ」と呼んでいたというのも、なんだか愛くるしい感じがするのです。もちろん洋食だけでなく、和食についてもしっかり綴られています。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-05-23 02:27


最近見た映画(5月)
Mission Impossibile III (2006, USA)

なにげにトム・クルーズ好き。
といっても、アクション映画はわざわざ劇場まで観に行かないタイプです。Iも IIもビデオを借りて来て観たので、今回もまたビデオでいいかな~という頭でいましたが、舞台がローマのバチカンということで、撮影中からこちらイタリア本国でもマスコミで大騒ぎしていましたので、ちょっと気になって観に行ってしまいました。(←ミーハー?)結果としては、やっぱり劇場まで観に行くほどのものじゃなかったかな・・・。(笑)


Inside Man (2006, USA)

緻密な計画を立て人質をつれて立てこもる銀行強盗(Clive Owen)、人質の確保と強盗犯の要求とをうまくネゴするのが仕事であるデテクティブ(Denzel Washington)、その間に突如現れるミステリアスな闇の仲介者(Jodie Foster)の絡みが絶妙。才知あふれる会話が次々と続くこのSpike Lee監督によるインサイドマンは、イタリア語で理解するにはちょっと難しい部分もありましたが、とてもウィットに富み、洗練された映画でとても面白いです。★★★★★!
[PR]
by ippopotamoo | 2006-05-22 01:33


新作アンティパスト
バナナが好きなうちのゴリラ相棒に、是非とも食べてみてもらいたいものがありました。先日お江戸に参上されていたこの方が、お江戸でお召し上がりになっていた、これ


e0020455_21531922.jpg
Prosciutto Crudo with BANANA!


メロン、無花果、柿と生ハムは想像できても、バナナと生ハムという組み合わせが私にはとってもショッキングなのでした。それを相棒にちらっと話してみたところ、さすがバナナ好き、喜んだ様子は見せなかったものの、彼の目の奥の方で何かキラッと輝くものが・・・!

最初は、バナナ丸ごと1本に生ハムを巻きつけて出そうかと思ったりもしましたが、あまりにも洒落っ気なさすぎですので、私もつまめるようにスライスしたバナナの上にちょこんと生ハムをのせました。その上にのっているのはケッパーの実(柄付きタイプ)。


感想:やっぱりメロンか無花果の方がいいなぁ・・・(笑)


ところで、

e0020455_21561966.jpg


テラスのジャスミンが花を咲かせました。3年前に買ってきたものですが、この3年にすくすくと成長してくれて、毎年立派な花を咲かせてくれるんですよ。これから約1ヶ月は、テラスから漂ってくるジャャスミンのいい薫りが楽しめます。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-05-20 22:00 | A tavola


Pomodori Secchi = 失敗編 =
e0020455_6202088.jpg


いろんなところで見かけてきた自家製ドライトマト。今までは買うのが当たり前でしたが、私も自家製ドライトマト作りをやってみることに・・・。

しかし、待てどくらせど、水分が飛んでくれなかったのです。彼是オーブンで4時間近く焼かれていたにもかかわらず、トマトは水分をしっかりと保ったまま。オーブンの前には2時間ほど天日にも干されたのに、このトマトかなりシブトかった。(というより、普通のトマトでやった私がいけなかった。)

まだ幾分か水分の残るトマト。それはそれで、そのまま食べてもなかなか美味しかったのですが、ダイスカットにしてバジルと塩とともに瓶詰めにしてみました。

お目当ては・・・
[PR]
by ippopotamoo | 2006-05-19 06:36 | A tavola


Fiore di Zucchine

e0020455_241298.jpg


以前ペルージャで勉強していた頃、アルバイトで大型客船のコックをしていたことがあるというトスカーナ出身の友人が、人が集まる毎にいつも美味しいものを振舞ってくれてました。その中でも思い出深いのが、ズッキーニの花のフリット。これがなんとも忘れられない味となりまして、毎年ズッキーニの花が出回る頃になると作ってしまいます。(といっても、今ではスーパーで年中お見かけしたりするんですが・・・)

e0020455_264784.jpg

中にはMozzarella (モッツァレラチーズ)と Acciughe (アンチョビ)が入ってます。モッツアレラがとろーっと溶けたアツアツのところをいただいたら、誰もが虜になってしまうこと間違いなし?きーんと冷えたビールとどうぞ♪

これ癖になります。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-05-17 02:12 | A tavola


ぶどうパン (ホシノ天然酵母)
e0020455_2184275.jpg


ブールを作った時に残ってしまったホシノ天然酵母の生種。冷蔵庫にて1~2週間の保存可能ということなので、言われる通りに冷蔵庫に入れておきました。ただし、時間が経過するとともに酵母の力が落ちるので、ブールのような油分を加えないパン作りには向かないのだそう。

10日程後、パン生地に少しパターを加えてぶどうパンを作ってみました。仕事から戻ってくるや否や、直ちにパン作り体制に入りましたが(醗酵時間を少しでも長くする為)、またもや強力粉が足らず・・・。今更焦るそぶりもなく、いつものことなので薄力粉と全粒粉で補ってしまいました(笑)。ぎりぎりのところまで待って1次醗酵は4時間弱、2時間醗酵は45分程度に無理やり短縮したので、膨らみがイマイチではありましたが、午前様になかなか美味しいパンが焼きあがりました!

e0020455_2222043.jpg


ということで、翌朝はちょっと厚めにスライスして、軽く温めてからいただきました。
これで1日元気モリモリ!(爆)
[PR]
by ippopotamoo | 2006-05-16 02:25 | A tavola


Cheese Cake

mmizunoMさんのところで拝見したフィラデルフィアで作ったチーズケーキがとても美味しそうでしたので、早速メモしておいたレシピを引っ張り出してきて(ブログで見たやってみたいレシピの数がすごいことになってます・・・)やってみました。

がですよ、作ろうとおもったその途端、レモンがない!生クリームを買うことにすっかり気を取られていて、レモンにまで頭が回っていなかったのでした。(←すっごいマヌケ)

e0020455_18423668.jpg


どうしたことかと思い代わりに使ったのが、オレンジ。しかも萎びれる一歩手前くらいの、食べ忘れていたオレンジ(爆)。チーズケーキ=レモンの酸味、を想像していただけに、ちょっと腑に落ちない気分でしたが、オレンジ風味もなかなか美味しかったです。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-05-13 18:44

    

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧