Top

<   2006年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


Carciofo/Artichoke
e0020455_218989.jpg

冬から春先が旬のカルチョーフォ。だいたいクリスマス頃からイースターくらいまで出回ってます。つまりもうそろそろカルチョーフォの季節も終わりに近づきつつあるわけです。(残念)

本当は、A-Z本をしっかり読んでお勉強してから、栄養価や種類や産地などをここに書きたいと思いながらも、1ヶ月以上たってしまいました。(=本を読んでいない・・・)春だからでしょうか毎晩とても眠いのです。ベットに入って本を開いたとたん、眠ってます(爆)

ということで知っている範囲内で。

棘があるタイプと、棘がないタイプとの2種が主流で、確か、棘があるタイプはサルデーニャ地方の品種。棘がないタイプはローマ周辺やプーリア地方の品種だったと思います。どちらも美味しいのですが、生でいただくには断然、棘があるタイプの方がおいしいです。

more...
[PR]
by ippopotamoo | 2006-03-31 20:05 | A tavola


自家製ソーセージ
e0020455_16354549.jpg


eclat-chakoさんのところで拝見した自家製ソーセージを私も真似て作ってみました。

自家製ソーセージというから腸詰にしなくちゃいけないのか・・・(面倒!)って思ってたのですが、ラップでできてしまうというので一気に魅了されました(笑)それに、これとっても美味しくてサラダを添えればワンプレートで済んでしまうのも嬉しい♪

今回はディルを入れてみましたが、タイムやローズマリー、あるいはパプリカなどの スパイスでも試したいと思います。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-03-30 09:32 | A tavola


Cervo (Liguria) Marzo-2006
Cervoはリグーリア海岸にある小さな街で、傾斜のある岸壁にあるこの街は上り・下り坂がたくさん入り組んで迷路のような作りになっています。

e0020455_19274943.jpg

こんな路地がたくさんあって、

e0020455_19283039.jpg

路地の途中にオリーブオイルのお店があったり、



e0020455_1929282.jpg

路地の合間から教会の塔が見えたり。


そんな合間をぬって歩いていると、海が一望できる広場へ出ます。


e0020455_19303549.jpg

この日は曇りだったので海がかすんでしまってまが、海を正面にして
右手の向こうにはモンテカルロ、海の向こうにはコルシカ島があります。

e0020455_19311965.jpg


広場にある教会。なんとも言われぬやわらかな色合い。
こういう色合いはミラノでは全く見かけません。



e0020455_1934051.jpg


この地方は温暖な気候なので、ミラノよりも木々や花々の芽吹きが早く訪れているのでしょう、途中でFichiの新芽とちいさな実を見つけました。何度かトライしたのですが、あんまり上手くとれなくって断念。

e0020455_19345655.jpg

こんな風に植物を壁にアレンジするのもいいな・・・。
(真中の排水ポールがちょっと邪魔!)


今回の旅行の目的は・・・
[PR]
by ippopotamoo | 2006-03-29 19:50 | *Italia


Imperia & Liguria 25-26 Marzo 06

ちょっと更新をサボってました。ちょっとサボるとまた次の日も「まっ、いいか~」なんて思っちゃうタイプなので、そのままサボり続けるのも得意です(笑)

さてさて、週末にImperia州とLiguria州へ行ってきました。
Imperiaはあの有名な音楽祭が開かれるSan Remoの近くへ、LiguriaはCervoとAlassioというところへ行ってきました。ミラノからは車で2時間半くらいです。

追々、旅行記は綴るとして、まずとにかく私が注目するのは食べ物!(笑)

e0020455_20324692.jpg
Baci di Alassio


Alassioという街の伝統的なお菓子なんだそう。ビジュアル的にはあまり綺麗ではありませんが、お味の方はマカろんそのものです。クリームはガナッシュ。同じ素材でもお国が変わると形も変わりますね。マカロンはとってもお上品なのに、こちらはなんともご愛嬌のある庶民的な風貌。しかもけっこうずっしりしてます。

e0020455_20355031.jpg


そして、そして、リグーリアと言えばフォカッチャ!この地方で取れるオリーブオイルをふんだんに使ったフォカッチャは絶賛物です。わかりますか?オイルでしっとりしてる具合が!!!これは持ち帰った翌日のものなので、あまり状態がよろしくないですが、焼きたては外がカリっとしていて中がしっとりでした。フォカッチャもお店によって生地が違うので、いろいろなお店を食べ歩きしてみたいものです。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-03-28 20:10 | *Italia


English Bread

e0020455_1273233.jpg


たくさんのブロガーさんのところで見てきたこのイギリスパン。やっぱり食べたくて仕方なったんです。(笑)スキムミルクとショートニングを使うところ、持っていないので牛乳とバターで代用しました。形はローフ型です。(食パン用の型もっていません・・・涙)

e0020455_12923100.jpg

この↑引きわったところが、たまりませんっ。


イギリスパン、イタリアにはありません。(えっ、私が知らないだけ?)厚めに切ってきつね色に焼いたところにバターを落として・・・という食べた方もしません。もちろん、その他にもおいしいパンがたくさんあるからなのでしょうが、やっぱり小さい頃から食べている味っていうのは、幾つになっても食べたくなるものです。

e0020455_1304730.jpg


昨晩は1人でしたので、このイギリスパンで簡単サンドを作って食べてしまいました!マヨネーズは、tnkさんから戴いたMAILLEのものです。ディジョンマスタード入りで、サンドイッチによく合うマヨネーズです。(tnkさん、ありがと!)
[PR]
by ippopotamoo | 2006-03-25 01:59 | A tavola


Sprout =alfalfa=

e0020455_17413619.jpg

昨年日本に帰国した際に、小さなお洒落な缶に栽培できるいろんな種類のスプラウトをたくさん見かけました。「かわいいな~、しかも食べれる!」なんて思ったのを覚えてますが、その時はふーんてな具合で通り過ごしてしまいました。でもこのスプラウト、調べてみると栄養価の高いものなんですね。


e0020455_17425339.jpg
3日目 

ふと最近そんなことを思い出して、アルファルファ食べたい!と思ったのです。いざ買ってこようと思って探してみても、スーパーには売ってなくて、見つけたのが自分で栽培する容器でした。↑のようなプラスチック容器に種とお水を入れて置いておくだけのものなのですが、中の網目状になった中敷がミソで、程よく種に水を与えられるようになっています。手入れも楽ちん!1週間もすれば立派なスプラウトになってくれます!

はじめて出来たアルファルファは、本当はサンドイッチに入れたかったのですが、そのままオリーブオイル&バルサミコ酢で和えて食べちゃいました。

[PR]
by ippopotamoo | 2006-03-24 09:39


Bulgherのタブレー
e0020455_0501482.jpg


時々行く好きなスペイン料理店で、いつも’つきだし’として出てくるのがこのブルガーのタブレー。トマトのみじん切り(種を取除く)とミントをオリーブオイル、バルサミコほんの少々(隠し味程度)、塩・胡椒であえただけのもの。冬は常温で。夏は冷たくして食べるとミントの清涼感が熱さをやわらげてくれて、季節ごとに味わい方があってこれがまた美味しいのです。

それまでブルガーを食べたことがなかった私は、思わず食感に魅了されてしまってお店の人に「これ何ですか?」って聞いてしまった程。つけだしでなくって、お茶碗一杯くらい出して~という気分でした。(笑)

e0020455_0532975.jpg


これは家でもやらなくては!ということで、ブルガーを買って来て家でもやるようになりました。ブルがーはGrano Duro(セモリナ小麦)を砕いたものなので、つまるところほぼパスタのようなものですが、これがとにかく美味しい!刻んだハーブやお野菜をたくさん入れても美味しいのでしょうが、私はこのトマト&ミントにヤミツキになってます。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-03-23 01:48


Fragola:いちご


e0020455_18551851.jpg

春のおとずれ第2弾は、いちご。


ゾロゾロといちごが出始めてきました。
といってもまだスペイン産のもの。だいたい㌔あたり2,5~4ユーロと、まだまだお店によって大幅にお値段の差があります。旬の5月~6月には、500㌘入りのパックが特価で1ユーロ切るくらいまで下がるので、イタリアではいちごもモリモリ食べます。

ホントにびっくりするくらい、モリモリ、バクバク。

More...
[PR]
by ippopotamoo | 2006-03-21 20:35


スキー at Chamois

春スキーへ行って来ました。この季節は、寒すぎず軽装でスキーが出来るので、なかなか快適です。でも日照りがとても強いので、日焼け対策は必須ですね。私たち、日焼け止めクリームなんていらないよと舐めてかかり、もののみごとにパンダになりました。

e0020455_20164544.jpg


ミラノから車で2時間くらい走ったValle d'Aosta州にあるChamois(シャモワ)という街は、ロープウェーでしか出入りができないので、車が一台も走ってなくて環境的にはとってもいいところです。イタリアなのに、地名がフランス語だったり、地元の人たちが話す方言がフランス語なまりだったりと、まさにここは国境に近いところなんだな~という実感が湧いたりします。

e0020455_20175716.jpg


頂上まで登ると、向こうに見えるのがCervino(チェルヴィーノ)の頂で、あの有名なマッターホルンなのだそう。山のことなんて全く分からないのですが、スイスのZermatt (ツェルマット)と背中合わせになってるんだとか・・・。


e0020455_2018361.jpg

14歳までの小児は絶対ヘルメット着用!


私の実質スキー暦は2年でして、昨年ようやく、どうにかまともに滑れるようになった程度。相棒の妹夫妻のところには、今年8歳になる息子ちゃんがいて、彼も遅ばせながら昨年7歳の時にスキーデビューしましたので、私も彼のデビューにあやかって本腰入れてスキーをやるようになりました。(私、義甥っ子ちゃんのよい競争相手にされてます。)不思議なことに、ちゃんとコーチをつけて習うと、1時間前と1時間後では見事に変わりますね。ビックリ。パックリ1年あいてしまったので、私の技能が後戻りしてるんじゃないか?とドキドキしましたが、なんとか滑れました。でも、転ぶのが恐いから急坂は必要以上にカーブして下り、必要以上にブレーキかけてしまいます。なので、必要のない筋肉まで使うのか、只今ものすごい筋肉痛(特に上半身)。しかも、どうしてこんなところで?というところで転んだりして、スキー板に弄ばれてます。こんなんで、クロスカントリーやりたいと思ってる自分が滑稽に思えてきますが、ホント、いつクロスカントリーデビューなんてできるんでしょうね(笑)

[PR]
by ippopotamoo | 2006-03-20 20:30 | *Italia


Fave (Broad/Horse Beans:そらまめ)
e0020455_1743821.jpg


春の到来とともに私が楽しみにしている物のひとつが、ファーヴェ。
店頭に並びはじめたので、一目散に駆け寄ってカゴに入れてしまいました。


e0020455_17455984.jpg

形がなんとも愛くるしくって、見ているだけで幸せになれます。

春のそらまめはとってもtender なので、生のままでもいただけます。
オリーブオイル、お好みでレモン果汁やバルサミコを
ほんのちょっとたらしてもよし!

夏のそらまめはぷっくりとして歯ごたえがでてくるので、必ず火を通して。

旬でない季節には、乾燥させたものをふやかしていただきます。
ミネストローネに入れたり、マッシュ風にしてお肉のつけあわせにしたり。


で、今年お初のそらまめを何にしようか迷いましたが、
今回はそらまめごはん。

e0020455_17592090.jpg


水加減を間違えて、ヤワヤワな仕上がりになってしまいました・・・。


[PR]
by ippopotamoo | 2006-03-17 10:41 | A tavola

    

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧