Top

<   2005年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


NO EXCUSE!
この8月に、KENYAへ行ってきました。

サバンナで雄大な自然を背景に動物たちと触れ合うことのできるサファリ、そして海岸地区に連なる豪華リゾートで、美しい海を目の前にした最高のバカンス。早速、ケニアで見たものをブログでもアップしていきたいというところですがその前に、ちょっとだけ真面目な話題を・・・。

サファリで有名なことから毎年たくさんの観光客が訪れ、空の玄関口であるナイロビはすっかり都会化して物も溢れてます。でもそういった輝かしい光の影には、貧困というものと背中合わせな一面があるのがケニアの現状。リゾートでのバカンスも、サバンナでのサファリももちろん素敵な体験だったけれど、この旅行を通して一番心を動かされたのは、ほんの少しだけれども現地で垣間見た貧困というものでした。

e0020455_2001530.jpg

毎日がその日暮らしという人々もたくさんいて、運がよければ乗り越えられるし運が悪ければそれまで・・・という生活。1ドルあれば2、3日は食べていける・・・。
家にはもちろん、水道もガスもなければ、トイレもお風呂もありません。

ほんの少し自分が何かを我慢して節約をしたそのお金で、ほんの少しの幸せをつかめる人々がいるこの世の中。やりきれない矛盾。

ヨーロッパで使われなくなって送られてきた古靴や古着が、道端のマーケットでは山積みにされて売られてたりもします。彼らはそれをやっと稼いだお金で買って履いてる。もちろん素足で道路を歩いてる人もたくさんいました。私は下駄箱にまったくはかない靴が何足眠っていることか・・・。買ったのに気に入らないからって着ないままになってる服が何着あることか・・・って始終考えさせられてしまいました。

私が見たのはほんのほんの一部の実体で、世の中のはもっともっと貧困に苦しんでいる人がたくさんいます。何か彼らのためにできること、私もしようと思います。



このブログをみて、興味をもった方は是非下記のサイトを見てくれたらな・・・と思います。

Millennium Campaign ~Voices Against Poverity~
貧困・飢餓の撲滅、教育の普及、男女平等、幼児死亡率の減少、母子衛生の改善、HIV/AIDS・その他の感染病の減少化、環境維持、発展へ向けてのグローバル協力、の8つの目標を2015年までに達成しようという国連のキャンペーン

Unicef (United Nation Chirdren's Found)
私が説明するまでのないですが、世界中の恵まれない子供たちのための寄付基金。
インターネットからの寄付も可能です。

Emergency
イタリア人外科医 Gino Strada(ジーノ・ストラーダ)によって設立された戦場で苦しむ人たちを助ける医師団体。

ほっとけない世界のまずしさキャンペーン
お友達のtanamari が紹介してくれた、英・独・仏・西・日・加・米で行われてるホワイトバンドキャンペーン。


貧困を背にしながらも、ケニアの人々はみんな穏やかで陽気。
「HAKUNA MATATA!」 (= NO PLOBLEM!)といって、辛いことも笑って吹き飛ばして
毎日を生きぬいている彼らって、底知れない力の持ち主だな・・・とも思いました。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-08-24 21:56 | 日々のこと


そろそろ秋?
バカンスを終えてミラノに戻ってくると、すでに涼しくなっていて
そろそろ秋の到来を思わせる気候っぷりです。

これじゃ~、ミラネーゼたちがバカンス自慢にここぞとばかりに見せるはずの
せっかくの小麦色の肌も、見せるどころか長袖じゃなくっちゃ寒いくらい。

そんなんで、ブログの方もすこし秋らしい雰囲気?にしてみました。
また気ままにブログも書いていこうと思います。

あ~、でもバカンスの後はいつも社会復帰するのが大変です・・・。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-08-23 18:04 | 日々のこと

    

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧