Top

<   2005年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧


Puglia 2004
プーリア州のGALLIPOLIを海沿いに北上していくと、PUNTA PROSCIUTTOというRISERVA(自然保護地区)がある。


e0020455_20205920.jpg

















自然保護地区とは名ばかりで、海岸までの歩道や砂浜にはペットボトルやビール瓶などの
ありとあらゆるごみが散らかっていたり、すぐ脇を車がじゃんじゃん通る保護地区がこの
プーリア州内でも結構ありました。

このPUNTA PROSCIUTTは、海岸から数キロメートルの内陸に広大な林が広がっている為、外部との接触がさえぎられて、車などの騒音もないまさに自然保護地区そのもの。
車を乗り捨てて歩いて林を通り抜けてこない限り、この綺麗な透き通る海には到着できないので、他の海岸に比べると人ごみもなく、とても穏やか。

e0020455_20215458.jpg

















ここは5本の指に入る、プーリアでのお気に入りポイントのひとつです。

海岸はROCCIOSO(岩壁)なので、砂浜に寝そべって・・・というわけにはいかないけど
岩壁の海岸ゆえに、これほど海が透き通っているんだと思います。そして綺麗な水が
あるところにしかいないというRICCI(ウニ)が、たくさん岩壁にへばりついてました。

あの綺麗な海、またいつか行きたいです。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-28 20:40 | *Italia


Soy Beans (giapponese)
最近、大豆にはまってるわけではないですが、昨晩「五目豆」を作ってみました。
BIO店(自然食品店)で大豆を目にした時から、なぜかずーっと作りたかった五目豆。


e0020455_17563553.jpg


見た目は、五目豆ってよりもひじきに大豆が入ってるといった感じ。
あまっていた乾燥ひじきを全部使い気ってしまいたいがために、分量も量らず
そのままどーんといれたので、ちょっと黒々した出来上がりです。
(これは写真用に、豆をかきあつめました。)

五目豆っていうと、お袋の味というよりかはどちらかという「給食の味」とでも
言うんでしょうか?、小学校時代に学校給食で食べていたあの五目豆を、私は
一目散に思い浮かべてしまいます。

見た目は真っ黒だけど、味はそこそこ行けてます♪
豆もシャキシャキ感が少しのこっていて、いい感じ♪
大豆を煮ている間は、豆腐のような匂いがしてちょっと幸せ♪

でも、適当に作ったので今回は紹介できるレシピなどございません。

母が送ってくれた切抜き(NHK今日の料理)に、大豆のコロコロサラダ
というレシピがあったので、次回はそれに挑戦してみるつもりです。

しかし、大豆は食べる分には抑毛効果なんて、ないですね・・・。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-28 18:02 | A tavola


欲しいもの
今欲しいもの。

調理器具。

実はこの春、料理学校へ通いイタリア料理の基本の基本をちょこっとだけ習いました。
ちゃんと、道具の選び方から教えてくれて、今までずいぶん間違った知識をもっている
自分に気づいたものです。

「料理は腕」とは言うけれど、腕が未熟でも優れた道具たちが、ずいぶんと
手助けをしてくれるものだそうです。そして特に大事なのが、包丁とお鍋だそう。

前置きが長くなりましたが、今とっても欲しいのがお鍋

色々ある中で、機能とデザインから興味のあるのが、CRISTEL のお鍋。
e0020455_18335484.gif
本格的な仕様・機能(10/18ステンレス使用。熱伝導性の高いアルミ合金をステンレスではさんだ三層構造の鍋底でムラなく熱が回るので保温性が抜群)で10年の耐久性が保証されているというだけでなく、無駄を省いたシンプルでスマートなデザインが魅力的だと思います。また、ハンドルが取り外しできるシリーズは、収納にも便利。 

***ここでちょっと 豆知識 ***
お鍋は底の厚いものを選ぶのがコツ。また重いものほどいいとも言われます。
お鍋といってもいろいろ種類があって、鉄、アルミ、銅、ステンレス、テフロン・・・。
それぞれ素材によって火の伝わり方、保温率などが違うのでプロは食材や調理法に
あわせて使い分けるそう。料理学校のマエストロは「マルチで使うにはどのお鍋がいいか?」
という質問に対して、外が銅で中がアルミのお鍋がベストと教えてくれました。(お値段は目が飛び出るほどで、なかなか手が出せません。)一般家庭で使いやすいのはやはり、ステンレスだそうです。


まだまだ続きます。
もう一つ気になるのが、日本でも人気のある LE CREUSET のお鍋。

e0020455_18342418.jpgこちらは熱伝導の優れた鋳物にガラス質のエナメルを焼き付けたホーロ鍋。蓋ごとオーブンに入れられたりと、こちらも万能的に使えてとても便利。そして色揃えがなんとも愛くるしくってたまりません。


確かにお値段はお鍋1つでかなりのもの。だから、いろいろ揃えるには時間もかかるけど、
自分に合ったものをじっくりと見極めて選ぶまでにもまたまた時間がかかりそうです。
使ってみなくては分からないけれど、まずはこのLE CRUESETのココットから入門して
みようかな・・・。もちろん色はオレンジで。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-25 18:37 | 大切なもの


French Cosmetics
これ、パリの友人から教えてもらったとっておきコスメ。

e0020455_1956225.jpg

V.O. (Version Originelle) という自然派化粧品。

香りもやさしくて、なかなかの使い心地。パッケージもかわいい。

写真は、
マスク (RESSOURCE)
アンチエージングクリーム (SEVE JEGNESSE)
トリートメントリップ (PULPE SUBLIME)

マスクは竹の葉エキス配合。 ~皮膚から毒素を排出する働き~
アンチーエージングクリームは大豆成分配合。 ~外的障害からお肌を守る働き~
トリートメントリップは、ほのかなピンク色でグロスとしても使用できます。



e0020455_2002533.jpg


こちらはカクテルキット。お試しキットとしてもトラベルキットとしても便利。
ゴマージュ(CRANITE FRAICHEUR)
化粧水(ECLATS GIVRES)
がおすすめです。

ゴマージュは、Hony, sugar、wild berrie, bilberrisなど森の果実エキス配合。
プルンプルンでお肌への付け心地が最高です。


化粧水は、個別包装されていて、凍らせて使用するもの。この暑い季節にはもってこい!パリでも、売り切れ状態が続き、購入するには1ヶ月まちだとか・・・。最後に、ブロンズ色の瓶。これネイルではなくって、マッサージオイル!!私はてっきり、ネイルだと思ってしまいました。

最近、毎日肌のお手入れをするのが楽しみです・・・。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-20 18:51 | 大切なもの


Epil Stop? ~大豆のちから~


e0020455_2028783.jpg

Roc : Soya Epil Control
(説明書はフランス語です。)

これ、Roc社からでている、無駄毛発育抑制クリーム
(現在、特許申請中)

なにやら、大豆の成分には育毛を抑制するはたらきがあるようで
Roc社はそこに目をつけ、最先端テクノロジーを駆使して発明した
クリームなのです。

パッケージには
Slows down hair re-growth
Allows to remove hari less often 
と書かれていて、約4週間で効果があらわれてくるとか・・・。


脱毛クリームのような、鼻につ~んとくる嫌な臭いは一切なし。
香りもよく、べたつき感のないサラっとした保湿クリーム。
それでいて無駄毛が防げてしまうという優れものです。

ちなみにお値段は 19Euro.

ちょっと抵抗感がなきにしもあらずですが、実用してみたいと思います。

***
全身に使用可とのことですが、育毛剤と間違えて使ってしまった場合
どういことになるのかしら・・・?
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-14 20:36 | 大切なもの


日本食材 in Milano
まだまだパリやロンドンに比べると、日本食材があふれるほどではないミラノ。
全く比較にもなりません・・・。

ミラノ市内に、日本食材を扱っていて信用がおけるのは日本人の方が経営
されているあの「ポポロ屋」くらいではないでしょうか・・・。

もちろんその他にも中華食材店や韓国食材店にも日本食材がちゃんとおか
れていて、手に入らないわけでもないのです。ただ、怪しいのです。

ミラノにお住まいの日本人の方で知らない方はいないのでは?と思われる
Rosmini通りにある中国人経営の某インターナショナル食材店。
私も何度か利用してますが、ここがまたとにかく怪しい!

せっかく高いお金を払うなら、ちゃんとしたものを買いたい(海外にいながら
贅沢な望みでしょうか・・・?)と思うので、購入するときには「あ、さつま揚げだ!」
「あ、豆腐だ!」って飛びついて買ったりはしません。やっぱりちゃんと、賞味期限
たるものは最低限チェックします。

でも、探しても探しても、賞味期限がない!
ちゃっかりラベルを貼ってごまかしてたり、酷いものはオリジナルラベル自体に
賞味期限が刻印されてない。もっとすごいのは期限が切れていても堂々と売られ
ていること!1ヶ月とかの単位ではありません、年単位で期限切れてます。

もちろん、海外で生活していて、多少の賞味期限など気にはしていられませんが、
日本から送ってもらったものを期限が切れても食べるのと、もともと期限の切れて
るものを買うのとではやっぱり違います。

そこで、最近発見したのが、BIOと呼ばれる自然食品店にも日本食材が置かれて
いるということ。全てが揃うわけではありませんが、豆腐、豆乳、大豆、小豆、ゆば、
昆布、海苔、ひじき、切干大根、味噌、梅干、くず、ふりかけなんかがあります。
e0020455_21515029.jpg

                  これは大豆と小豆

e0020455_21522188.jpg

                  こちらはひじきと豆腐

ちなみに、豆腐はやたらと硬いので冷奴にはむいてません。
味噌汁ならなんとかいけます。あとはひじきと野菜を加えて
豆腐ハンバークなどにするのがいいです。

イタリアのごく一般的なスーパーでも、おなじみのキッコーマン卓上しょうゆ、
すし用海苔に加えて、最近はわかめ、日本製うどんをみかけました。

頑張れミラノ!
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-13 22:03 | A tavola


Mariage Freres

美味しい!と噂の ’Mariage Freres’ のお茶。
飲んでみたいな~と思っていたら、幸運にもパリに住む友人が、
お土産にもってきてくれました。

e0020455_20422086.jpg



戴いたのは、Marco Poloという銘柄で、果実と花のフレーバーティー。
(左がティーバッグで右はサブレ)
箱を開けたその瞬間から、フルーティーな香りが漂い、湯を注ぐとその香りが
いっそう舞い上がり、部屋中に広がります。

あ~、いい香り♪

たくさんある銘柄の中から、
oriental (ジャスミン+蜜柑)
jasmin mandarina  (ジャスミン+緑茶)
casablanca TJ908 (緑茶、ベルガモット) の3点が気になりました。
折りをみて試してみたいものです。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-12 20:59 | 大切なもの


Profile


はじめまして。やっと引越し作業も終了し、本日よりこちらにて一新です。
(以前のブログからの記事もこちらに全部引越ししております)

ひっそりと自己紹介。

名前:Ippopotamoo

性別:女

年齢:とら・トラ・寅 

出身:横浜

現住:イタリア (ミラノは2001年より)

すきなこと:料理(物をつくること全般)、旅行

すきなもの:スペイン、靴、食器、ポッキー、蒸しパン etc...
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-11 20:58 | 日々のこと


Polpo e Patate (secondo)
ポルポ(Polpo)とはイタリア語で食べるタコ、パターテ(Patate・複)はじゃがいものこと。

タコとじゃがいもを使ったとっても簡単で美味しいレシピをご紹介!


e0020455_20371524.jpg
* 材料(4人分)*
タコ 800g~1kg
セロリ 1本
にんじん 1本
たまねぎ 1個
イタリアンパセリ 少々
じゃがいも 5個
にんにく 1片

1.タコ、セロリ、にんじん、たまねぎ、パセリを鍋に入れて材料が全部かぶるまで水を加え、
  45分程度茹でる。(圧力鍋なら30分弱)
2.別の鍋で、1口大に切ったじゃがいもを塩茹でし水を切っておく。
3.茹であがったタコを取り出して1口大に切る。
4.じゃがいもとタコを合えてイタリアンパセリをふり、塩・こしょう・にんにく・オーリブオイルで
  味を整える。

ポイント
タコは水から茹でること。また茹でる際に、塩は加えないこと。
以上を守れば、かならずやわらかく茹であがります。
これを守らないとゴムのように硬くなってしまうので要注意!

e0020455_20394925.jpg

[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-11 20:40 | A tavola


Pomodoro
イタリア料理にとってトマトは絶対に欠かせない食材。  
1年を通して、いろいろな料理に使われます。

スーパーで見けるだけでも、4~5種類のトマトがあって
それぞれの特徴にあった調理方法があります。

e0020455_20333316.jpg
写真はPomodori a Grappolo といわれるトマト。
1年を通して食される、ごくごく一般的なトマトです。
'a grapporo'とは「房をなして」という意味で、枝にたっぷりの実が連なります。 丸々として実全体が均一的に赤く、大きさは直径3CM程度。 生で食すのが適してますが、火を通しても美味しくいただける万能もの。

追々、その他いろいろなトマトの種類、レシピなども紹介していきたいと思います。

*** Plus α ***
イタリア人とトマトに興味のある方は、こんな本も是非どうぞ。
なかなか面白いです。

文春新書「イタリア人とトマト」(内田洋子/シルビオ・ピエールサント著)
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-11 20:35 | A tavola

    

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧