Top

カテゴリ:*Paris ( 6 )


6末のパリ、曇時々小雨ナリ。
e0020455_2364498.jpg


出張なんて言うと聞こえがいいのだけれど、先日、仕事の都合で2日ほどパリへ行かせていただきました。といっても仕事をしたのは賞味半日くらいなのですがね。はっはっは。

朝3時間程一人の時間があったので、前日までその貴重な時間を使ってどこへ行こう、あそこへ行こうと散々悩んで下調べもしていたというのに、結局、朝起きてみたら行き当たりばったり適当にブラブラしてみたくなって、とりあえず好きなマレ地区まで地下鉄で向かったのでした。朝早かった(といっても9時半だが)ので開いていたのは食品店とバールくらいだったけれど、静かなパリの街中をまだ閉まっているお店のショーウィンドーを一人覗きながら、ミラノとは一味違った商品や雰囲気に刺激を受けた、楽しい一人散策でした。写真は、丁度マレ地区を抜けてセーヌ川へ差し掛かる辺りの通りにある、ペーパークラフトのお店のショーウィンドー。目が利く(嘘)と言うのか食いしん坊というのか、果物で出来ている(であろう)ペーパーにしかりと目を奪われてしまった。

それにしても6月末だというのに、肌寒い小雨のパリでした。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-07-11 02:44 | *Paris


アルチンボルド
e0020455_0144997.jpg

Musee du Louvre


アルチンボルド(Giuseppe Arcimboldo/1527-1593)は、16世紀末のミラノにおいて、様々な野菜・魚介類・果物・植物をそのまま絵に描きこんで人物像に仕立てるというおもしろい作風で人気を博した画家。これは、私が好きな作家、内田洋子さんの「トマトとイタリア人」を読んで初めて知りました。それ以来1度実物を見てみたいとずーっと思っていました。

今回旅行したパリのルーブル美術館に、そのアルチンボルドの絵があるということで立ち寄ってきました。私は芸術に詳しくないですが、旅行先ではせっかくなので何かひとつ「芸術鑑賞」をすることにしてます。

ルーブルにはアルチンボルドの食べ物を使って描いた作品は3枚しかないですが、果物や野菜を描いて仕立てられた人物像はなかなかその人物の表現をきちんととらえているように見えて面白かったです。キノコが耳に仕立てられていたり、ズッキーニが鼻に仕立てられていたり・・・。アルチンボルドの絵が見たい方は→こちら

e0020455_0163063.jpg


記念に絵葉書を2枚ほど購入して、MUJIのアクリル版に入れてみました。
私もこんな風にして、肖像画を書いてもらいたいなぁ~なんて。


では、皆様よいお年を。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-12-29 00:17 | *Paris


Iwachu in Paris

e0020455_0395423.jpg

岩鋳さんの南部鉄急須


なんとなく気が付けばいろんなところで目にしていた南部鉄の急須。
ミラノのリナシェンテでも、和食器コーナーに南部鉄の急須がここ最近お目見えするようになって、ひそかにいいな~と思ってました。ちなみにリナシェンテにおいてあるのはCOVOさんのものです。

ヨーロッパでは「南部鉄器」のことを 『 IWACHU 』と呼ぶほど、岩鋳さんの南部鉄が親しまれているそうで(ホント?)、殊に急須や急瓶は日本での販売をしのぐ勢いがあるんんだとか・・・。知りませんでした。

実家にもこの南部鉄の重たい急須がありました。いつしか使われなくなって食器棚の奥の方でもうしわけなさげに鎮座してましたが・・・。そんな南部鉄、どうやらここ数年人気復活らしく、最近はモダンなデザインも出ているようです。南部鉄のお鍋もいいですよね。

今回パリへ行って、この南部鉄の急須をこれまたいろんなところで見かけました。
マリアージュ・フレールでもたくさんの南部鉄急須が置いてあったし、La Rout du Theにも素敵な南部鉄急須がずら~りと飾られていました。そうやって、いろんなところで見ているうちにどうしても欲しくなってしまって、ついに↑買ってしまいました。(笑)

手にとっては、「いいな~。うーん、でももうちょっと考える・・・」と散々迷う私。 
(だって、高いんですもん!)

どこへ行っても同じ動作を繰り返していたのを見かねたのか、相棒が「買ったらいいでしょっ!ほら、どれがいいの?」って一押ししてくれました。そういうところ、うちの相棒はとっても気前がよろしいです。


実は、旅行に出る前の日、ドジな私はティーポットの蓋を不注意にも落として割ってしまったんです。数少ないティーポットの中のひとつが割れてしまって、その事がとても気にかかってました。重厚でありながらどこか繊細な雰囲気の南部鉄急須に惹かれるのはさることながら、単純な私は「鉄なら落としても割れない!」という発想に結びつきました。だから余計に南部鉄の急須に惹かれたんだと思います。(爆)

何はともあれ、ここ毎日、見ているだけでうっとりしてます♪
熱湯を注ぐと、南部鉄からいい薫りが漂ってくるんです。そして保温力も抜群!でも、丈夫なようであって意外とデリケートな南部鉄。取扱いやお手入れには十分気をつけたいと思います。

そして、こんなところにも・・・
[PR]
by ippopotamoo | 2005-12-23 01:37 | *Paris


Sweets in Paris

今回のパリ旅行の目的の一つが「食」。
BoulangerieやPatisseireでパンやお菓子を片っ端から試したいという欲望がありました。

当然無理です。(笑)

だって、その数、無数ですもの。1年暮らしても、全部制覇は無理でしょう。


e0020455_1838357.jpg


到着初日にあのLadureeへ行ってみました。この日は行列もなくスムーズに席に案内してもらえました。私が行ったのはパリ市内にある4店舗のうち、Saint Germainの店舗で、ベトナムかラオス風?かと思われる佇まいのとてもゆったりとしたサロンでした。ケーキ類も気になるところですが、5~6cmの巨大マカロンを注文!ちょっと興奮しちゃいました。(笑)

(すいません、興奮のあまり写真とり忘れたというのもあるんですが、写真とってるような雰囲気じゃありませんでした。)

確かに美味しかったです。巨大マカロンの真中にはさまっているクリームが濃厚!でも、もともとマカロンが好物でないからなんでしょうか?感動するまでにはいたりませんでした・・・。このLadureeにすごい期待を秘めてパリに上陸したもので、ちょっとガックリしながら店を後にしました。そして、結局お土産も買いませんでした。ちなみにLadureeのマカロンは賞味期限3日だそうで、パリにあるパティスリーの中でもここのマカロンが一番寿命が短いのだそう。つまり、それだけ鮮度が高い=美味しいということなんだと思います。そして何より、老舗の技術がいっぱいこめられたお味なのですよね。

e0020455_1923876.jpg


次にAOKIさんのパティスリーもちゃっかり食べました。これは、ギャラリーに入っているブティック(って言うんですね・・・)で購入し、友達の家で試食!私と友達は、日本を代表する!抹茶を使ったパティスリー、他日本人じゃない3名はみんなチョコ系のパティスリー。

ああ、美味しゅうございました。

他に何をしたかというと・・・
[PR]
by ippopotamoo | 2005-12-15 13:18 | *Paris


Shopping in Paris
『Quatre-Vingt, s'il vous plait』

カフェでお勘定はいくら?とを尋ねると、『Trois et quatre-vingt』と返ってきました。
(おホホホホホ、もちろん支払い後に3.80ユーロという金額がわかった次第ですけど。)

最初のToris=3というのが聞こえてなくて、2人合わせて4つの耳を持ち合わせているというのに、聞き取れたのは「quatre-vingt」の部分だけ。(笑)イタリア語と似てるというのに、ところ変わると全くわからな~い!

-------------------------------

「はは~ん。むふふ?」

「えっ?カフェ・オ・レとエスプレッソで4、20ユーロってミラノよりタッカ~い!」
(入ったのはたいしたこともない、ただただ通りがかりのフツーのカフェテリア)

「いいよ、とりあえず5ユーロ渡しとこっ!」

おつり:1.20ユーロ。

「・・・・・・・・・・?」

--------------------------------

よくよく考えると、フランスでは「4X20 = 80」っていう図式なんですよね、数字を数える時。
で、90は「4X20+10 = 90」。ややこしいなぁ~。

しばらく謎めいたまま買い物続行してました。(笑)

それにしても、長くなるけどこれだけは言わずにいられない!というのが、パリは活気に溢れいてミラノとは比にならないということ。何より、日本人コミュニティーの規模の大きさ!オペラ界隈のRue St. Anneを闊歩すると、ふだん日本食を探し求めて奔走している自分は一体何してるんだろうって思えてしまいました。そして、大型デパート!ここもまた日本に来たような錯覚に陥れる魅惑の場所です。でも正直、パリは1年ぶりだというのに、自分がものすごーく田舎モンのように思えてなりませんでした。(ええ、ミラノでの日々の生活の中で、自分は完全にイナカモーン化したな、と実感しましたとも・・・)

では、今日はお買い物編パリ。(たいした所へは行ってません。)
[PR]
by ippopotamoo | 2005-12-14 21:19 | *Paris


Long Weekend in Paris / Dec. 2005
e0020455_207485.jpg

Avenue Des Champs-Elysees
クリスマスのイルミネーションが点灯されるこの時期は1年で最もロマンチック。

-------------------------------------------------------------------


4連休はパリへ行ってきました。
今回の旅の目的は

・パリで暮らしている2人の友達に会う
・そして気になる「食」を追撃!

の2つ。

あれもこれもしたい、あそこへもこっちへも行きたいとたくさんの欲望を胸に秘めてパリに出発したのですが、結局思っていたことの半分くらいしか出来ませんでした。でも、友達と会えて久々に楽しい時間を一緒に過ごせたこと、そしてパリの空気を吸えただけで十分満足!

正直を言えば、「友達にまたしばらく会えないのか・・・」と寂しい気持ちなのも事実。しばらくここ数日はそんなフレンドシック(?)にかかりながら、師走の慌しさの中を1人宙に浮いたような状態で過ごすんだと思います。

さてさて、気持ちを切り替えて、まずは皆さんにもパリの名所を披露しちゃいます!

Go to Paris!
[PR]
by ippopotamoo | 2005-12-13 20:53 | *Paris

    

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧