Top

カテゴリ:A tavola ( 257 )


海老とそら豆のパスタ
e0020455_231412.jpg


正直なところ、海老は好きだけどパスタの中に入っている殻付き海老はよろしくないような気が。フォークでパスタを食べる一方で、海老は手でむかなくちゃだから面倒なのである。一層のことパスタも手で食べてしまいたい衝動に駆られることもしばしば。

e0020455_232919.jpg

でも、やっぱり殻付か殻付じゃないかでは出汁の出具合が全く比べもにならない。この日の海老は冷凍のGamberi Tropicali。こちらでよく見かける海老は、TolopicaliかIndiani。トロピカル地方産かインド海洋産かということだろうけど、トロピカル地方って一体どこよ?
[PR]
by ippopotamoo | 2007-05-12 23:07 | A tavola


タリオリー二

e0020455_2561796.jpg


先日、ストック冷凍しておいた手打ちパスタはバジリコ入りのタリオリー二でした。パスタを打つ前から生トマトで作るあっさり目のトマトソースが合うだろうと思っていたのに、最近新発売になって’美味しい’と噂のDE CECCOのトマト缶(Pomodorini:チェリートマト)を使ってみたくなったのが間違い。美味しかったけれど・・・。

e0020455_2563536.jpg


トマトはさっと煮詰めた(5分くらい)だけなのですが、これではパスタの中のバジリコの風味が台無し。要はトマト缶のトマトだとコクが出すぎ。やっぱり生トマトで冷製パスタの方がむいているかも。あるいはこっちのような組み合わせ。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-05-10 03:02 | A tavola


辰巳芳子さん
この方におねだりしたら、引越後片付けの渦中だというのにDVDコピーを焼いてこちらまで送ってくださいました。

e0020455_4445418.jpg


届いたのは、ご実家のお父上様が愛娘のために録画されたというNHKの特集、『おいしさを待ち続けて~料理家 辰巳芳子の四季~』。その他にも2つもNHKスペシャル、BSドキュメンタリーが入っていて、涙からうろこ状態。TNKさんありがとね。実に、日本のTV番組を見るのなんて数年ぶり。時々旅行先のホテルでJSTVのNHKニュースは見ますけど、それもホテルのランクによるし・・・。

More
[PR]
by ippopotamoo | 2007-05-05 05:05 | A tavola


Pasticcini al Limone con Frutti di bosco

e0020455_20283062.jpg
      

連休中に作った、2種類のストック菓子のひとつがこれ。長ったらしいタイトルを書いたのは、見た目がマフィンのようではあるけれど、粉や卵黄を使わずにアーモンドパウダー、卵白、溶かしバターで作るお菓子なので。(作ったことがないので想像で)たぶんフィナンシェなんじゃないかと。

ところで、お菓子の型。お菓子作りは好きなので惜しみなく型を購入する方ではあるのですが、なぜか躊躇してしまうマフィンの型。6個一体型なのがどうも嫌で、それも収納がかさばるという勝手なイメージによるものが大きかったりして。最近よく出回っているシリコンタイプのものならと思いつつも、どうもシリコンをオーブンに入れることに抵抗のある、昔人間。よって、プリン型で代用してます。が、これが大きすぎず、いい塩梅。


e0020455_20285569.jpg


すぐ食べないストック分は、ヨットのような型があることを思い出してそれに入れて焼いてみました。(こういうあまり使わない余分なものを買うなら、マフィン型を買えっ)。ところで、アーモンドパウダーの代りにへーゼルナッツのパウダーを使ってみたのですが、へーゼルナッツ臭が主張しすぎてしまいました。おまけに、私、ちょっとへーゼルナッツ・アレルギーの予感。朝食用にとたくさん作って冷凍庫にいれたものの、へーゼルナッツを食べると口の中がちょっと痒々になるのです。単に灰汁が強いからなのか・・・。Gianduiottoなどのチョコレートは大丈夫です。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-05-02 20:50 | A tavola


Gnocchi di Spinaci
イタリアも先週、今週と祝日があって、連休をとっている人が多いのですが、私もその一人でこの週末は4連休。といっても、特別な予定もなく家でのんびり。というか、洗濯・掃除おばさん化している。一方で、好きなキッチンに立てこもっては、またまたストック作りに精を出して、ちょっと幸せな気分に(笑)。今日は、お菓子のストックをたくわえました。


e0020455_640128.jpg


これは先週くらいに作ったほうれん草のニョッキ。(ストックじゃなくってすぐにたべました。)ほうれん草のニョッキと言ってもいろんなレシピがあるのですが、リコッタ、卵、粉、パルミジャーノ、ナツメグが入っています。粉はほんの少し。つなぎとして入れる程度。当然、粉をたくさん入れた方がしっかりするので形成がしやすくはなりますが、茹で上げた後の食感が団子のようになるので、要注意。粉が少なければ少ないほど、形成が困難ですが食感がやわらかくて口の中でとろける美味しさに。

バターとセージでシンプルに食べましたが、すごく美味しかったです。けど、出来上がりの写真はありません。といのは嘘で、撮ったけど(写真が)アップしたくない出来だった。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-04-30 06:43 | A tavola


味噌リゾット
今日イタリアはfesta della liberazione(開放記念日)で、祝日。朝からパンを作ろうかと思っていたのに強力粉を買い忘れていたので、薄力粉で作れる手打ちパスタをこしらえました。今日食べる為でなくて、ストック用としてすべて冷凍庫行き。その後は、今晩のデザート用に巨大プリンを作りました。

e0020455_22482499.jpg


さて、只今、北イタリア旅行連載中のrainyさんが、「これおいしいから食べてね」と持ってきて下さった麹味噌。ぺろりと舐めてみたら、なんと美味しいこと!味噌は、日本の調味料のベスト1に掲げる相棒の好物でもあります。

e0020455_22573151.jpg

で、お昼に味噌リゾットを作ってみました。ドナ平の本でも見たことがあったのでちょっと気になっていた、要するところは味噌汁で作るねこまんまのようなリゾットです。出汁は使わず味噌を溶いただけの汁で仕上げてます。また、玉ねぎの代わりにPorri(リーク)、白ワインの代わりに日本酒を使ってみました。仕上げにはバターとパルミジャーノもちゃんと入れてます。アクセントにぺペロンチーノを少々。なかなか美味しいリゾットでした。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-04-25 22:59 | A tavola


コロッケ2種
e0020455_3445999.jpg

この間、久々(本当に久々で1年以上ぶりくらい)にコロッケを作りました。
いつもは、平たいのとか俵型とかにするところ、今回は丸くまるめて手でつまめる大きさに。友達を呼んだ時にフィンガーフードっぽくていいかな~なんて発想で丸くしたけれど、子供が喜びそうな形のコロッケになったような(笑)。でも、コロコロしたところがとても気に入りました。というか、引越してから「いつホームパーティに呼んでくれんだよ」と四方八方から言われている今日この頃。はっはっはー。でも、椅子がまだ4つしかありません(笑)。


e0020455_3452273.jpg

盛り付けた皿は、最近やっと手に入れた取っ手付きのオーブン皿。取っ手のないシンプルなものにしようか散々迷ってきたのだけど、突然、直感と気分でやっぱり取っ手付きタイプに決定したのでした。買ってみてやっぱりこの取っ手がいいんだよな、と自己満足。サイズもいろいろあるので、少しずつ集めていきたいアイテムです。

コロッケの中は、2つともジャガイモベースで、茄子とひき肉、生ハムとクレソン。その日、あまりにも天気がよかったので、茄子は塩で水抜きするのでなく、天日に1時間ほど干してからたっぷり目のオリーブオイルでじっくりと炒めました。これがまたそのまま食べてしまいたいくらい美味しかった。パン粉は先日失敗したCiabattaをカリっと焼いてからFPにかけた、自家製パン粉。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-04-18 03:47 | A tavola


珈琲ゼリィ

e0020455_2248651.jpg


水曜日の朝、目覚めると喉が痛かったので変だなァと思っていたら、案の定その日の昼頃に発熱してしまい、ソソクサと仕事を引き払って帰宅しました。今冬は風邪もひかずピンピンだったのに、こんな暖かくなった今頃、熱を出して寝込むことになるなんて。


料理ブック、アップしました。

More
[PR]
by ippopotamoo | 2007-04-13 23:00 | A tavola


Farro のパスタ

e0020455_16575624.jpg

断然フツウのセモリナ粉から出来たパスタの方が好きなのだけど、時々食べたくなるのが雑穀からできたパスタ。5cereali (5穀)、Integrale(全粒粉)、Segale(ライ麦)、Farro(スペルト小麦)などがあって、これはFarro100%のパスタ。BIOショップへ行くと驚くほどいろんな穀物のパスタを見つけることができるんです。

むかーし、ペルージャで勉強していた頃、integraleパスタが大好きな日伊ハーフの同居人がいて、2週間に1度はintegraleパスタを一緒に食べたものでした。そして具は決まって、ツナと玉ねぎとズッキーニ。懐が寂しかった当時の私たちにとっては、ツナも玉ねぎもズッキーニも手ごろな価格で経済的であったし、いつでもストックしてある食材でもあったので、このパスタの具は定番メニューでもありました。でも、トマトソースのパスタよりも贅沢な品でした。

e0020455_171678.jpg

その名残あってか、穀物パスタとは必ずツナと玉ねぎとズッキーニが合うな、と条件反射的に思ってしまい、やっぱり私の中で穀物パスタはどうもトマトソースと似合わない、という思い込みが。よって、今でも穀物パスタの時は、ツナと玉ねぎとズッキーニ。今では相棒のアドバイスも加わって、それにケッパーの実やブラックオリーブが入ることも。あの頃に比べると、ちょっと贅沢になっているわけだ(笑)。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-04-12 17:05 | A tavola


久々のカンパーニュ

e0020455_541270.jpg

イースターの3連休を利用して、久々にホシノ天然酵母をおこしてパン作りを。
欲しかった発酵籠も手にいれちゃたので(こちらから取り寄せ。昨年10月のミュンヘン訪問時にそれが発酵籠だとはつゆ知らず、なんだろかこのバスケット?と思って手にとっていたブツ)、パッチリ成功を期待していたが、そうはいかなかった。ま、味は美味しかったけど。

e0020455_55474.jpg

恐縮ながら、職人みたいなことを口にしますが、パン作りは日々続けていないと勘が鈍る!さらに、引越しを機に以前のものよりかはちょっとパワフルなオーブンを導入したので、こうなったらパン作りは任せておけ的に意気高く取り組んだのに、このオーブンの使いこなしもイマイチなってない所存。この後、久々のcabatta作りにも挑んだけど、ぷっくり膨れた丸パンになっちゃったし。それもそのはず、粉を加える肯定を間違えてたあげく、天然酵母はしょっぱなから高温の中に放り込んじゃいけなかったねぇ。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-04-11 05:08 | A tavola

    

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧