Top

カテゴリ:A tavola ( 257 )


落雁
e0020455_6135889.jpg


今日は土曜日でしたが、イタリアはimmacolataという祝日でした。
マリア様がイエスキリストを授かった日を祝う日ですが、うちは一足早くも家族揃ってクリスマスのお祝いをしました。義妹一家が今年のクリスマスも旅行の計画を立てたので不在。そのため先倒しでのクリスマスのお祝いとなりました。もちろん、25日には残っている家族でまた祝いますけど。これから1年で盛大な、本格的な、食い倒れの時期に突入していることを実感する1日なのでした。

すっかりもみじの季節は終わってしまいましたが、これは、随分前に作った落雁。洋風のケーキもいいけれど、こういう時期だからこそ渋い日本茶と和菓子、やっぱりいいなと思います。こんな使い方をしていいのかは疑問ですが、器は友人からの頂き物。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-12-09 06:16 | A tavola


天然酵母
e0020455_3144666.jpg


天然酵母作りに成功しました!
今まではカチカチになってしまったり、味はいいけど膨らまないとか、膨らんだけど味がまずい、とかそんなのばっかりでしたが、醗酵も味もよしなパンが焼けるようになったのです。

毎日栄養を与えて酵母おこしをしてあげるのが手間ではありますが、今のところ順調に育ってます。何を隠そう、やっぱり酵母って生きてるんですね。出来れば毎日のようにパンを焼きたいですが、時間的にそれは無理な望みでした。


e0020455_328792.jpg

これは、ライ麦・全粒粉・中力粉の生地に黒ゴマを加えたパン。
ちょっぴり酸味も利いて、美味しいです。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-11-29 03:29 | A tavola


フライパン

e0020455_9281489.jpg


今までフライパンにはあまりこだわりを持ったことがなかったのですが、(フライパンにまで手が回らなかったというのもあります)最近とある機会があって、フライパンを新調しました。テフロンはテフロンでも底が厚めのちょっと重みのあるタイプにしたら、やっぱり違いますね。お肉を焼いたり、野菜を炒めたりするのが楽しい今日この頃です。

洋食屋さんのコックさんがオムレツを作る時に使うあの鉄のフライパンを使いこなすにに憧れたりしますが、使いこなすのが大変なのでたぶん手にすることはないかと思われます。

生でもいただけるサラダ用のほうれん草をさっと炒めて、タルトを作りました。
美味しかったです。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-11-24 09:31 | A tavola


caco (柿)
e0020455_8434450.jpg


ミラノの街並もイルミネーションが点灯されたりして、少しずつクリスマスづいてきました。
今年こそ余裕を持って、事前にクリスマス用のお菓子作りにとりかかろうなんて思って、ブログや雑誌で見かけて気になっていたデコレーション用ドライフルーツを作ってみました。極薄にスライスしたフルーツをシロップにつけ、低温オーブンで乾燥させるというものです。

More
[PR]
by ippopotamoo | 2007-11-21 08:50 | A tavola


Toast
e0020455_718917.jpg


今回の旅行は1週間だったので、アパートではなくてホテル滞在を選びました。そのホテルのフロントのお兄さんの奥さんが日本人だとかで、とても親切にしてもらいました。そのお兄さん自分では日本語はちょっとしか・・・と言っていたけど、「私が、ここのおかみです。アハハ。」と言って人を笑わせることが出来るくらいなのだから、ツボを抑えてるな、と感心。話手が女性だったら、おかみと言われてもこれほど面白くはなかったかも知れないけれど・・・。何はともあれ、些細なことではあるけれど旅先で遭遇した’日本人つながり’に心を和まされました。


e0020455_7242877.jpg


旅とは全く関係ないけど、最近すっかりハマっているのがこのToast。
バールに行くとパニー二と一緒に必ずといっていいほどある、Toast。美味しいパニー二を脇目にして、パンがあきらかにパサパサそうで何とも変哲のないただのToastなんぞを何でわざわざ食べるのか?と長い間首をかしげていたというのに、この夏どこかのバールで何となく選んで食べてみたら、それが思いの他美味しかったのである。ならば、早速自宅で再現。ここのところ毎週末に必ず家でToastを作っている始末。たかがToastに過ぎないのだけれど、自分で作ってみて気づいたのが、パンが違っても中身が違っても、微妙に毎回味が変わる。チーズが少なすぎても多すぎても、しっくりこない...など。なにやら、このTostoやTramezzino(いわゆる日本でいうサンドイッチ)を作る専門のシェフがいるというくらいだから、たかがToastでもこだわり用はいくらでもある、ということなのかも知れない。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-08-28 07:43 | A tavola


Baby Rib.
e0020455_4403188.jpg


久しぶりにまともに料理をしました。暑い時こそしっかりとスタミナをつけるべきだという声もあれば、胃に負担のないライトな食事をすることで猛暑を乗り越えるという声もあったりします。私の場合、暑いと単に料理する気分になれなくて、ついつい手抜き料理になります。例えば、ワンプレートサラダ、トマトとモッツアァレッラ、生ハムとメロン、とか。

これも大して手が込んでいるわけではないのですが、オーブン料理は料理したぞ!という満足感が味わえるのがいいですね。時々お肉コーナーで見るベイビーリブをローズマリー、ニンニク、粗引きの塩・胡椒とともにオーブンに入れただけの料理でした。ビールに合います。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-08-02 04:56 | A tavola


Pomodoro Datterino
e0020455_22523229.jpg

くそ暑い夏がやってまいりました。毎日40度近い猛暑の中、家では一切エアコンなし。
何もしていないのに汗が吹き出てくる始末で、困ったもんです。

さて、いつもとは違うトマトを見かけたので買ってみました。
ダーツのような形をしているから、ポモドーロ・ダッテリーノという名がついておりました。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-07-18 22:56 | A tavola


Spiedini

e0020455_3352721.jpg


要は、串焼きのことなのですが、イタリアではスピエディーニという名で人々に好まれています(と思う)。この季節になると、グリルものが急に食べたくなったりするのは私だけでしょうか。

さて、串に刺す具は、肉あり魚あり野菜あり。スーパーのお肉コーナーにも、串に刺されて後は焼くだけという状態のものが置いてあります。が、時々肉が硬かったりして美味しくないこともあり。なので、冷凍庫にある鶏の胸肉、サルシッチャ(生ソーセージ)、ズッキーニ、パプリカを適当に刺して、グリルパンで焼きました。汗だくになりましたけど、美味しかったです。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-06-21 03:36 | A tavola


Camone サルデーニャ産のトマト
e0020455_1638524.jpg


ここ数日、晴れていたかと思ったらいきなり雲行きが怪しくなって大雨になったりと、なんだか変な天気が続いているミラノ。先日、地に響くような雷音とともに激しく雨が降り出した時のこと、ちょうど夕食を一緒にとっていた席で、相棒マンマが「夏一番の雷の音を聞く時に、体の悪いところを触ると治る」と言う。なるほど。で、さっそく相棒がお腹を触るのでお腹が痛いのかと思ったら、お腹をへっこませたいとのこと。醜いところが治るのかは、いささか疑問である。

さて、トマトが美味しい季節です。トマトの王様と言うと、Cuore di Bueかなとも思うのですが、このサルデーニャ産のCAMONEも負けないくらいに美味しいトマトだと思います。値段も負けないくらいに高いけど。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-06-16 16:43 | A tavola


たこ
e0020455_6505387.jpg

このまま気温が上昇し真夏到来かと思っていた矢先、急に気温が下がりここ1週間ほど肌寒くてすっきりしない天気の続いているミラノです。洗濯してしまい込んだ羽織物やら毛布やらをまた引っ張り出しました。さて、5月の中頃だったかな、タコが特売になっていたので迷わず丸ごと買いました。日本でタコを丸ごと買っていた記憶など全くないのですが、どうなんでしょう?こちらでは丸ごとでしか売ってくれません。

e0020455_654338.jpg

タコも侮れないくらい高くて、いつもは㌔20ユーロくらいしているのですが、この時は㌔14ユーロでした。どうやって食べたかというと、茹でてからじゃがいもと和えていただきました。出来上がりはこちらをどうぞ。
[PR]
by ippopotamoo | 2007-06-03 06:59 | A tavola

    

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧