Top

カテゴリ:*Italia ( 17 )


Lecce (Puglia, 2004)
e0020455_21481443.jpg

Piazza Sant'Oronzo (LE) - Puglia, 2004-



昨年の夏は2週間ほどプーリア州に滞在したのですが、なぜがLecceは滞在最終日にミラノへ向かって北上していく際に立ち寄っただけでした。小走りで主要ポイントだけを見るというまさにツアーで来た旅行者状態。こんな大きな街を3時間程度で見てまわれるわけがありませんでした・・・。(悔)ここはまたゆっくりと時間を設けて戻ってこようと思っています。

このSant'Oronzo広場は、どのガイドでも一番最初にあげている観光ポイントだと思います。
900年代に岩壁を掘ってつくられた古代ローマ円形劇場が、そのままLecceの街のどまんなかに今も残っています。当時は最大で20,000人もの人を収容し、人々は劇や闘技などの観賞を楽しんでいたようです。こういう場所に遭遇すると、イタリアって本当に歴史が深い国なんだな~っと改めて感動させられる瞬間でもあります。

More
[PR]
by ippopotamoo | 2005-09-30 06:44 | *Italia


Santa Marina di Leuca (Puglia, 2004)
e0020455_20433740.jpg

Faro di Santa Marina di Leuca (LE) - Puglia 2004 -



ここは、イタリア半島の踵にあたるプーリア州最南端。
この海のずーっと向こうは、リビアかエジプトあたりかな?
なんて思いながらこの灯台を眺めていたのを思い出しました。


More
[PR]
by ippopotamoo | 2005-09-30 06:03 | *Italia


Otranto (Puglia, 2004)

e0020455_1946258.jpg

Otranto (LE) - Puglia 2004 -


周囲をぐるりと海でかこまれているイタリア半島。
毎年、どこが一番綺麗な海岸かと各地を採点し順位がつけられ、「GUIDA BLUE」なるものが出版されています。今年2005年はSapri -Golfo di Policastra -(カンパーニャ州サレルノ市)が最も美しくて綺麗な海という評価でした。この「GUIDA BLUE」、地図にはのっていないようなポイント、ガイドにはのっていないような説明が詳しく書かれていてなかなか便利です。カテゴリーごとの採点(例えば、ヨット、海水浴、散策・・・など)がされているので、ガイドを見ながらそれぞれの目的に合わせたポイント選びも可能。私が昨年プーリア州に行った時には、大いに活躍してくれた1冊でした。(ただ、それっきり見てないな・・・)

Otrantoは、2004年度に最も美しいとされた場所。写真はまさに、Otlantoの中心地にある大通りからとったものです。確かにものすごい人でにぎわっているの中心街に面した海ですら、これだけ澄んだコバルトブルーでした。
(でもあの頃はまだブログやってなかったので、写真のアングルとかものすごい適当です。)

More
[PR]
by ippopotamoo | 2005-09-30 05:42 | *Italia


Asolo (Veneto, Italia)
e0020455_21471917.jpg
Via R.Browing


これはAsoloという街。ヴェネト州(ミラノがあるロンバルディア州のお隣に位置します。)にある、丘の上に聳え立つ小さな街です。写真は目抜き通りのVia.R.Browingで、アーケードの下には、瓶詰め、パスタ、お菓子などをおく昔ながらの食品店、グラッパやワインの専門店などの小さなお店が並びます。

More
[PR]
by ippopotamoo | 2005-09-23 23:39 | *Italia


Puglia 2004
プーリア州のGALLIPOLIを海沿いに北上していくと、PUNTA PROSCIUTTOというRISERVA(自然保護地区)がある。


e0020455_20205920.jpg

















自然保護地区とは名ばかりで、海岸までの歩道や砂浜にはペットボトルやビール瓶などの
ありとあらゆるごみが散らかっていたり、すぐ脇を車がじゃんじゃん通る保護地区がこの
プーリア州内でも結構ありました。

このPUNTA PROSCIUTTは、海岸から数キロメートルの内陸に広大な林が広がっている為、外部との接触がさえぎられて、車などの騒音もないまさに自然保護地区そのもの。
車を乗り捨てて歩いて林を通り抜けてこない限り、この綺麗な透き通る海には到着できないので、他の海岸に比べると人ごみもなく、とても穏やか。

e0020455_20215458.jpg

















ここは5本の指に入る、プーリアでのお気に入りポイントのひとつです。

海岸はROCCIOSO(岩壁)なので、砂浜に寝そべって・・・というわけにはいかないけど
岩壁の海岸ゆえに、これほど海が透き通っているんだと思います。そして綺麗な水が
あるところにしかいないというRICCI(ウニ)が、たくさん岩壁にへばりついてました。

あの綺麗な海、またいつか行きたいです。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-28 20:40 | *Italia


OSTUNI (オストゥー二)
プーリア旅行、第二段です。

今日は白亜の街、Ostuniをご紹介!

遠方から見る丘の上に聳え立つこの白亜の街は、とても神秘的。
日中は灼熱の太陽を浴びて白い建物がひしめきう街そのものが不思議な雰囲気
を醸し出し、夜は淡いライトの中でややミステリアスな雰囲気に包まれます。

e0020455_20183119.jpg

小高い丘の上に聳え立つOstuniの街。
街下はオリーブ畑が果てしなく続き、その向こうには海が続く。

e0020455_20192890.jpg
夕暮れ時は、まさに神秘的そのもの。




ライトアップされた夜の街中。


e0020455_20201767.jpg
















そして今回滞在したのは、そのOstuniの街から車で10分程度のところにあるアグリツーリズモ。 両脇をオリーブ畑にかこまれた街道から、うっかりしていると通りすぎてしまうほど小さなわき道を奥に入っていくと、Masseriaというプーリア伝統の古い住居を改造して作られたこのアグリツーリズモがありました。


e0020455_2031186.jpg

(滞在したアグリツーリズモ、Masseria Casamassima)



9つのアパートがあり、2人から6人用と滞在形式にあわせてアパートタイプを選ぶことができます。朝食は、その土地でとれたフルーツで作ったジャム、焼きたてのパンやケーキ。 どれも全部手作り。夜は前菜、プリモ、セコンド、取れたての旬のフルーツ、地元のワイ ン。絶対に食べ切れないほどの量でもてなしてくれます。もちろんアパートはキッチン付き なので、その日の予定や気分にあわせて、現地の素材を買いこんで自分で料理できるの も醍醐味のひとつです。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-11 20:31 | *Italia


ALBEROBELLO
'04夏のバカンスは、南イタリアのプーリア州へ行きました。

澄み渡る空、蒼い海、ふりそそぐ太陽、どこまでも続くオリーブ畑、そして美味しい
食べ物。 私が存分に堪能した ’美しきイタリア’をブログでも少しずつ紹介して
いきたいと思います。

今日は、ずーっと行ってみたかった 'Alberobello’(アルベロベッロ) のご紹介。

Alberobelloは日本でも知らない方はいないくらい、有名じゃないでしょうか?
プーリア州の首都Bari市とさらに南にあるBrindisi市との丁度真ん中あたり
に位置します。

e0020455_19145465.jpg

(アルベロベッロの街並み。メイン通りではそのほとんどが土産店になっています。)

***********************************************************
その昔、地主は各自家を建てる許可を農民に与えていませんでした。家なしだった農民たちは、いつしか短時間で取り壊し・建て直しができる家を発明するようになります。地主の急な訪問にあわせて一目散に取り壊し、地主が去ったとあにはまた建て直すことで、摘発されるのを防いだわけです。それがこのかわいらしいTrulli(トゥルッリ)。
'a secco'(水無しで)という様式で建てられ、その言葉の通り繋ぎとなるモルタルやセメントなどは一切使用せず、石をから積みして作られているとか。だからこそ短時間の取り壊し・建て直しが可能なのです。
***********************************************************


e0020455_19153030.jpg


(現存するTrulliの中で一番大きく、中が2階だてになっている。中に入って見学も可能)


アルベルベッロのその美しい街並みは、
1996年から世界遺産(UNESCO)リストに登録されています。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-07 21:01 | *Italia

    

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧