Top

ザ・ソルト対決
e0020455_211091.jpg


南半球はメルボルンのponちゃんから戴いたオーストラリアン・レイク・ソルト
日本列島は奈良のrainyさん から戴いた海人の藻塩

イタリア料理は食材の味を楽しむ料理とあって、味付けがとてもシンプルなことが多い。中でも塩とオリーブオイルだけでいただくものもたくさんあるわけで、ならばシンプルの中のシンプルというか、たった2点の調味料によって一皿の完成度が左右されることだってある。むろん、これはプロの世界の出来事。私は、素人として家で料理を楽しむのだから、一皿の完成度なんてことにはあまりこだわらないのだけれど、それでもたった2点の調味料ならばちょっとだけこだわってみてもいいではないか、とフードラヴァーとして思ってみたり。

なので、このお二方からいただいた塩、とても大事に使ってます。

オーストラリアのレイク・ソルトは、私が現在愛用している塩に似てマイルドな塩味なので、フォカッチャのトッピングにしたり、ガリガリ削ったものをゆで野菜にかけたり。あるいは玄米にオリーブオイルとともにこのお塩をガリガリと。なかなかいけます。

海人の藻塩は、さすがニッポン!と目が覚めるようなパンチのある塩気。これで焼き魚を焼いたらものすごくおいしそうなのですが、まずはおにぎりを握ってみました。白米にこの塩をつけながら握っただけのシンプルなおにぎり。後は何も足しません。これがまたとても美味しかったぁ~。

ザ・対決なんて書いちゃったけど、
どちらにもそれぞれの美味しさがあって、どちらにも1票!
ponちゃん、rainyさん、改めてどうもありがとう。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-12-15 02:37 | A tavola

<< Apfelbrot:りんごパン      Terrina di Verd... >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧