Top

日本語を教える
今、週に1度、イタリア人の同僚たちに日本を教えてます。
彼らからのリクエストで11月から始めたレッスンも、はやいことで1ヶ月が経ちました。
現在、生徒は5人。お昼休みの1時間を利用してのレッスン。
いつもは、私がイタリア人の同僚に助けてもらっている立場なのに、
この時だけは私が先生(笑)。

実は、以前にも同僚に日本語を教えていたことがあるのだけれど、
イタリア人さんたち、1ヶ月で挫折、そしてレッスンは自然消滅へ・・・。
が、今回のメンバーは、これが、これが、やる気満々の様子(今のところ)なのです。
宿題まで要求される始末で、私の方が追いついてません。

ただ、日本語を教えると言っても、いつも変な日本語ばかり話し・書きしている私なので、
自信がない。でも、教えるからには間違ったことは教えたくないし・・・。
ということで、自ずと、教える方も事前の予習が必要となってくる。
しかし、すっかり国語のことなんて忘れているから、さあ大変。
ましてや、イタリア人はわからないことがあれば恥じることなく、
何でも聞いてくる人種(?)なので、私の方が質問攻めに合う羽目になる。
そして、まだ完璧には説明しきれない私のイタリア語力(汗)。

教えながら、日本語というものが自分にとっては当たり前の言語だけど、
外国人からすると、この部分が「どうして?」になるのかぁ~と、自覚させられ、
その逆(私のイタリア語に対する「どうして?」は、イタリア人にはこんな風に映るのか?)
を想像してみるのが、ある意味面白かったりもする。

つまるところ、そんなこと考えたこともないからわからないっ!が答えなのだけど(笑)

レッスン1:挨拶語
レッスン2:基本文章(これは~です)+ 人称代名詞
レッスン3:電話のかけ方
レッスン4:名詞(色、数字)
レッスン5:形容詞(~い、~な)

自分が英語やイタリア語をどうやって学んできたかを思い出しながら、
どこからどうやって教えていけばわかりやすいか?などを頭をひねらせて考える。
それもまた、面白い。

私個人的には、外国語を習う上で文法は最重要ポイントだと思う。
会話文章を丸覚えしてしまうのも、またひとつの手ではあるけど、
それでは応用がきかない。でも、文法をしっかり身につけて、
語威力をつけていけば、ある程度は自分で文章の構成ができる。
もちろん、その外国語をどんな風に習得したいか、それぞれのアプローチ
の仕方にもよるので、一概には言えないかもしれないけど。

これまで教えてきて難しかったのは、’これは~です’の助詞の「は」の説明。
次に形容詞の「おおきい」「おおきな」の使い分け。
形容詞の方は自分でもよくわかってません。

この日本語レッスン、さて、私とイタリア人5人、
どちらが先に脱落するんでしょう・・・。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-11-30 21:39 | 日々のこと

<< Funghi:きのこ      Tarte Bourdalou... >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧