Top

Tarte Bourdaloue : タルト・ブルダルー
e0020455_56184.jpg


つまるところ洋ナシのタルトですが、パリのブルダルー通りにあったお菓子やさんが作り出したので、ブルダルーという名前がついているんだそう。こうやって、ひとつひとつのお菓子には名前のルーツがあったりして、そのルーツを知るのがすごく好きです。

前置きはこれくらいにして、ケーキを焼いたのは、友達の旦那さんのお誕生日パーティーに持っていくため。友達がケーキを作って持ってきて欲しいというので、どーんとまかせてくれたまえ!ってなわけで作りました。何度も作ったことのある安全路線で行けばいいところ、こういう時にどうも危ない橋を渡りたくなる私。そして失敗するというのがいつものパターンなのですが、今回は上手くいきました。

e0020455_510451.jpg

作ってみてびっくりなのが、バターの量。パート・シュクレにクレマ・ダマンドの組み合わせなので、バターの塊タルトなんて言ってもいいんじゃないかってくらいにバターが入っている。でも、自分だけで食べるんでなく、皆で食べるんだから、ありでしょう(笑)。


しかしながら、今回のパーティーは友達の旦那さまが45歳になったお祝いのパーティだったのだけれど、皆で踊りまくるのが目的なパーティー。なんせ、友達と旦那さんは、十数年前、ダンス教室で知り合ったくらいなのだから。しかも、友達の方は当時5年以上付き合っていた婚約者までいたのに、今の旦那さまと恋に落ちたという、まさにイタリアンチックで情熱的カップルなのである(嘘。全くふつうです)。そして、この友達夫妻の大親友夫妻も、同じダンス教室で知り合って結婚にまでいたったという仲で、なんかすごい結びつき!そして、みんなダンスが上手い!ダンスミュージック(←今時あまり言わない?)ガンガンで皆が踊る中、突如タンゴを踊ってくれたりして、なんだかとても格好がよろしいのでした。

一方、私も相棒も踊りはいたって苦手。ああ、どうしてもダメ。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-11-28 05:18 | A tavola

<< 日本語を教える      一足お先に・・・ >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧