Top

お出汁をとる。
e0020455_4433384.jpg

小さい頃の土日の朝の我が家の風景といえば、

父が鰹節を削り、その鰹節で母がお出汁をとる。

決まってこれでした。土曜日の朝は、お味噌汁とご飯を食べて登校。
腹をすかせて下校してくると、お昼には決まってうどんかそば、はたまた丼ものでした。
兄と私が、「えっ、またうどーーーん!」プンプンッ、
そして母の「嫌なら食べなくていいのよ!」というお決まり文句(笑)。



考えてみれば、せっかく鰹節を削っておいしいお出汁をとるのだから、ふんだんに有効活用しなくてどうする!です。それが今になって、ようやくわかる次第(汗)。海外生活では便利だからと、出汁の素を使い続けてきましたが、私もしっかりとお出汁がとりたいと思い、実家から、鰹節、昆布、煮干を送ってもらいました。今回は特別にこだわってうね乃さんのもの。西洋のブロードだって粉末のものよりも自分でとったものの方が断然美味しいのだから、日本のお出汁だって自分でとった方が美味しいに決まってます。

e0020455_453477.jpg

そんなところに、タイミングよく届いたのが、
分とく山の野崎洋光さんのお料理本「美味しい方程式 8:1:1」。
これもまた、azumiさんがオススメということで荷物に入れてくださったもの。
言うまでもなく、絶賛本です。

それで、今日はさっそく昆布と鰹節でお出汁をとって・・・
e0020455_455983.jpg

まずは基本の8:1:1で、野菜びたしを。
薄口醤油が切れてしまっていたので、濃口しょうゆ0,5、塩ひとつまみで代用。
喉にす~っと染み渡る、お出汁の旨み!

e0020455_4591918.jpg

次に、15:1:1でにゅうめん。
こちらも、さっぱり仕上がり。

e0020455_505863.jpg

そして、出汁巻き卵。
残っていたあさつきとと干しえびを入れて。

一見、面倒なように思うお出汁作り。これが実はいろんな風に活用できて、
とても便利なのでした。そして、自分でとったものは香りも味も違います。
当然ですが・・・・
今日は相棒は出張で留守。なので、一人で味わっていただきましたが、
たぶんこの味付けは、相棒には薄すぎるかもしれません。
でも、慣れてもらいましょう。間違いなく後でお醤油を足すに決まってますけど(笑)

お出汁も、コツをつかめば、もっと美味しく自分好みの味を見出せるはず?
修行します!そしてazumiさん、どうもありがとうございましたー!
他にもいただいた食材、しっかりと有効活用させていただきますね♪

[PR]
by ippopotamoo | 2006-11-21 05:20 | A tavola

<< Multa (罰金)      干したけのこ >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧