Top

リサイクルショップ
土曜日に久しぶりにリサイクルショップへ行ってきました。
もう着ない衣類の処分に、はじめてリサイクルショップを利用してみたのが5月。
商品を持ち込むと、お店の人が引き取れるものと引き取れないものに分けてくれて、明細と金額の入ったリストを作ってくれます。60日以内に商品が売れれば、売値の50%が自分のもとに入ってくるというシステム。60日たっても売れない場合は、再度自分が引き取るかお店に寄付するかを選択できるようになってます。

e0020455_3343082.jpg今回は秋冬物の持ち込みと5月に持ち込んだ商品が売れたかどうかを確認しに行ってきたのですが、6点持ち込んだうち売れたのはたったの1点(笑)。売上金額13ユーロの物だったので、私の持分6,50ユーロから請求書発行代0.62ユーロが差し引かれ、5,88ユーロの儲けなり。



ブランド物だと、↑の伝票のようにちゃんとブランド名まで記載してくれるのはいいんですけど、レジのおばちゃんがよーくわかってないのか(笑)、Max&COなのにMax Maraって!そんなMax Maraだったらリサイクルショップには持っていかないっつーの!という突っ込みを入れたくなりましたが、黙っておきました。

もともと必要がなくなった物なので、売れても売れなくてもどちらでもいいのですが、売れればシメシメ、売れなくってもどこかで利用されてくれるのであれば、それはそれで嬉しい、といったところ。ただ難点は、季節の物しか引き取ってくれないということでしょうか。例えば5月には秋冬物と春夏物の入れ替えをして、「これはもう来年は着ない」から箪笥にはしまいたくない秋冬物を持って行ったのですが、「10月ごろに持って来て!」と言われて引き取ってもらえませんでした。今回は、前回引き取ってもらえなかった分と、さらに秋冬物の整理をして必要ない物を選んで持っていきましたら、全部引き取ってくれました!さて、どれだけ売れるんでしょうね~。60日後がちょっと楽しみ(笑)。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-19 03:54 | 日々のこと

<< Hua Juan : 花巻      Marmellata:ジャム >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧