Top

栗くり


e0020455_1541526.jpg


体が自然と”温かいもの”や”ぽっくり”したものを欲するようになってきていて、秋の到来を自分の食感覚から感じ取っている今日この頃。さっそく、栗と餡子が食べたくなったので、和菓子吉野さんの「栗々餅」を真似て、栗くり大福を作りました。栗のシロップ漬けも、使用前にちゃんと蒸しましたら、ベトベトせず栗も気持ちふっくらして、とても美味しかったです。しかし、何度やっても難しいのが”包み”の作業。ことに求肥は柔らかく、包みながら引っ張ると気持ちよく伸びてくれるのですが、伸びすぎて穴が開いてしまうのです。無理やり穴を指でつまんで緊急接着しました。

ところで、こし餡は金菊の乾燥こしあんを使ってみました。小豆を漉すのに嫌気がさしてしまった時用に、実家から送ってもらったスケット餡子です。水とお砂糖を加えて練るだけであっというまにこし餡になるので楽ちん♪ただし、亜味と香りに若干クセがありました。


e0020455_1591195.jpg


大量に残ってしまったこし餡で、栗蒸羊羹も作りました。こうすると乾燥こしあんの独特なクセもなくなるようです。本当は栗がごろごろ入った蒸羊羹にしたかったのに、栗が全然足りない・・・。栗が出回ったらシロップ漬けをたんまりと作って、こちらに挑戦するつもりです♪
[PR]
by ippopotamoo | 2006-09-12 02:14 | A tavola

<< Phò Bo : フォー・ボー      今年お初の・・・ >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧