Top

フードマイレージ
以前、キャンドルナイトについてこのブログでもとりあげた時に、同キャンペーンのサイトでフードマイレージというものが目に留まりました。

フードマイレージとは、食べものが運ばれてきた距離のことで、その時に出るCo2を測りpoco(ポコ)という単位で表示することで、自分が削減できたCo2の量を知るというもの。

ということは、意識して国産の食べ物を選ぶことで自分が出すCo2が減らせるということになります。ドキッ、そうなると私の場合は、「日本食材は買わない」、「日本から送ってもらわない」方がいいということになりますが、それだけは勘弁して!なので違う方面からもアプローチしてみることにしました。

Co2:100㌘=1Poco
(Pocoという単位はイタリア語に由来している部分もあるようです。poco=少しという意味)

1.たとえば普段の生活の中で省エネを意識すると、

・テレビを1時間消すと 0.4poco
・つかわないコンセントを抜くと 2.4poco
・3キロを車ではなく自転車にすると 2.22poco
・お風呂の水を洗濯に再利用すると 0.5poco
・ジャーの保温をやめると 0.8poco

の節約が可能なんだそうで、うちはこれにプラス、エアコンがないのでとりあえずエコライフに貢献!そう思うと、暑い毎日でも、ぐぐぅ~と我慢できます(笑)。

2.次に途上国の経済を自立できるように応援する、フェアートレード

イタリアではBIOショップはもちろん一般のスーパーでも途上国の経済を応援する商品が手に入るので、私もフェアートレード商品(例えば、クアドルのきび砂糖やチョコレート、タイ米など)を購入しています。環境を守るよりも食べること、生きることを優先さざるをえない現実をかかえる国々のために、これもフードマイレージの一貫として取り組むべきなんだそう。

夏のバカンス前にちょっとだけまじめなことを考えてみました。

日本語サイトはこちら → http://www.fairtradecenter.org/
[PR]
by ippopotamoo | 2006-08-06 18:25 | 日々のこと

<< ナス? or アズキ?      ひとり飯 >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧