Top

おうちで中華

e0020455_5412797.jpg

中華といえば、子供の頃から青椒肉絲が一番好きです。実家の母は、牛肉、ピーマン、筍でやるのが定番だったので、青椒肉絲には牛を使うのが当たり前なんだと思っていましたが、今回は豚を使ってみました。

ワタクシ、思い切り庶民ですのでクッ○ドゥーを使うことに慣れてます。結構好きだったりしますが、食べた後に胃がもたれるのと喉がかわくのが難点。一方で、中華も即席ソースを使わずに自分で調味料を駆使して味付けができるようになりたいと思っていました。それで雑誌等でよく見かけるウー・ウェンさんのレシピを見てみたら、ものすごくシンプルな味付け!これだけで本当にあの青椒肉絲の味になるんだろうか?という疑問はありましたが、結論から言うと、こんなにシンプルなのにものすごく美味しい!と感動してしまいました(笑)。使っている調味料は、塩・胡椒・酒・醤油・にんにくだけです。

e0020455_5421655.jpg


ウー・ウェンさんの青椒肉絲には、母が作ってくれていた青椒肉絲のように筍は入ってませんで、ピーマンと豚の薄切り肉のみ。それもピーマンが主役で肉は脇役です。こちらでは筍なんぞ手に入りませんので(中国産の缶詰は手に入ります)、こりゃ~もってこい!写真は、ピーマンでなくてPeperoncini Dolci(いわば、しし唐辛子?辛くありません)。こちらのビッグな緑のピーマン(厳密に言うとパプリカ)は肉厚すぎる上に甘みがありすぎるので、和食や中華には向いていません。なので、私はいつもこのイタリアンしし唐をピーマン代わりに使います。

e0020455_5425271.jpg

同じく豚の薄切り肉を使って、シュウマイも作りました。シュウマイには、これまでひき肉を使っていました。これもウー・ウェンさんのレシピで、薄切り肉を叩いて使います。こちらもこれまでの概念を翻されるかのような美味しさで感動!(笑)。こんなにシンプルなのに、薄切り肉を叩いて使うだけで、ジューシーで食感がプリプリになるもんなんですね。(ちなみに、皮は冷凍のもの使用。)

うちの相棒、中華は大好きなんです。たぶん、というより間違いなく和食より好きで、青椒肉絲でご飯3杯もがっついてました。しかも、茶碗に盛ったご飯の上におかずをのせるのではなくて、お皿のおかずの上にご飯をのっけて、がっつくんです。反対にした方が良いって言ってるのに、言うこと聞きませんっ。(爆)
[PR]
by ippopotamoo | 2006-05-08 05:50 | A tavola

<< Kanoko      Torta di Aspara... >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧