Top

Triglia : ヒメジ・メバル
e0020455_20572976.jpg


イタリアではごくごく一般的に手に入り、Zuppa di Pesce/Acqua Pazza には欠かせないお魚のひとつ。カサゴ系のお魚だろうな~というくらいにしか認識してなかったのですが、少なからずとも人様に読んでいただくんだからと思って、それでもちょっとだけ(笑)調べてみたら、やっぱり知らないことばかりでした。

私の辞書によると、日本語訳はヒメジ、メバルとあるのですが、メバル(カサゴ系)について調べて見てもどうも違う感じ。でもメバルという魚は、大きな目からその名前がついたそうで、大変目のいいお魚なのだそう。そして、イタリア語の辞書にも

Fare l'occhio di triglia a qualcuno
(= 人をうっとりとした目つきで見つめる)

とあります。でもそんなに目が特別大きくもないな・・・と思いながら、ヒメジというお魚について調べてみると、Trigliaは間違いなくヒメジです!ヒメジの特徴といわれる2本の顎鬚、Trigliaの特徴でもあるんです。(私の写真のは髭とった後ですが。)同じ魚なんだから当たり前か・・・。で、英語では顎鬚が山羊のようだから?Goat Fishと言うのだそう。

でも死ぬと赤色に変色するそうで、これにはちょっとびっくり。死亡前の写真を見てみたら綺麗なお魚で熱帯魚ということも発覚。それも食べれる熱帯魚!(ちょっとショック)


で、どんな風に食べてるかというと、うちはこんな風にして食べてます。

e0020455_21329100.jpg

Trigila al Pomodoro e Basilico


湯剥きして皮と種を取除きダイスカットした生トマトを、オリーブオイルとにんにくでさっと炒めたら(バジリコ投入も忘れずに!)火からおろし、その上にTrigliaを敷き詰めて今度はオーブンで15~20分くらい焼くだけ。デリケートなお魚なので、上からオーブンシートをのせて。オーブンに入れられるフライパンをつかうか、火にかけられるトレイを使うと便利です。


e0020455_2152489.jpg

Fritto di Triglia


こちらは小麦粉をまぶして油でさっと揚げただけ。(目が白くって恐い)
しっかり揚げれば身の水分がなくなってしまうけど、頭から中骨まで丸ごと食べれちゃいます。でもさっと揚げた方が、身がジューシーで美味しいかな・・・。
[PR]
by ippopotamoo | 2006-03-02 21:20 | A tavola

<< お雛様にちなんで・・・      わたしのラグーソース >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧