Top

初夢(煉りきり)

e0020455_20475772.jpg


自分で作っておきながら、あまりのかわいさに気絶しそうになりました(笑)。


これはお正月向けに張り切って予行練習をした時のもの。結局その後、本番のお正月では和菓子を作っている余裕などなく、予行練習のままで終ってます。(汗)

金塚さんファンになって以来(←tnkさんのおかげです。)、煉りきりは何がなんでもやってみたかった、いや何が何でも食べたかった和菓子でした。tnkさんから戴いたレシピ集の中の煉りきりは、初心者の私にはまだ無理と思われる繊細なものでしたので、おなじみWa.Sa.Biにのっていた同じく金塚さんの練りきりレシピで挑戦しました。

煉りきり餡自体は思っているよりも難しくありませんでした。それよりも白餡を漉す作業の方がずっと苦しい!(爆)。手に豆できかけましたからっ!!

煉りきり作りの最大の醍醐味は、餡でいろんな形を表現できるということだと思います。そして形を表現するのに、やっぱり色というものはとても重要。色がなかったら、煉りきり菓子の命もないと同然なのかも知れません。食紅を使ったこともなく、どこで手に入るのかもわからなかった為、普段食するものから色をとろうと思い、頭をしぼって考えぬいたところ、利用できそうなものがBARBABIETOLA(赤ビーツ)でした。赤ビーツの煮汁を練りきり餡にほんの少しだけ加えてみたところ、ほのかなピンクを演出することができました。ホっ。

中はふつうの白餡がはいっていて、ほのかなピンクの煉りきりでその餡を包み、そぼろにした白い煉りきりをちょこんと上にあしらって、出来上がり。

味は.................................

豆の味でした。(爆)

ちなみに、相棒からは「そんなに手間隙かけて作っても、豆の味しかしない」とボッソリ言われました。嗚呼、わかっちゃいないです、和菓子たるものを!
[PR]
by ippopotamoo | 2006-01-10 20:57 | A tavola

<< Pasta con Bloccoli      ALICE & SARDINE >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧