Top

日本食材 in Milano
まだまだパリやロンドンに比べると、日本食材があふれるほどではないミラノ。
全く比較にもなりません・・・。

ミラノ市内に、日本食材を扱っていて信用がおけるのは日本人の方が経営
されているあの「ポポロ屋」くらいではないでしょうか・・・。

もちろんその他にも中華食材店や韓国食材店にも日本食材がちゃんとおか
れていて、手に入らないわけでもないのです。ただ、怪しいのです。

ミラノにお住まいの日本人の方で知らない方はいないのでは?と思われる
Rosmini通りにある中国人経営の某インターナショナル食材店。
私も何度か利用してますが、ここがまたとにかく怪しい!

せっかく高いお金を払うなら、ちゃんとしたものを買いたい(海外にいながら
贅沢な望みでしょうか・・・?)と思うので、購入するときには「あ、さつま揚げだ!」
「あ、豆腐だ!」って飛びついて買ったりはしません。やっぱりちゃんと、賞味期限
たるものは最低限チェックします。

でも、探しても探しても、賞味期限がない!
ちゃっかりラベルを貼ってごまかしてたり、酷いものはオリジナルラベル自体に
賞味期限が刻印されてない。もっとすごいのは期限が切れていても堂々と売られ
ていること!1ヶ月とかの単位ではありません、年単位で期限切れてます。

もちろん、海外で生活していて、多少の賞味期限など気にはしていられませんが、
日本から送ってもらったものを期限が切れても食べるのと、もともと期限の切れて
るものを買うのとではやっぱり違います。

そこで、最近発見したのが、BIOと呼ばれる自然食品店にも日本食材が置かれて
いるということ。全てが揃うわけではありませんが、豆腐、豆乳、大豆、小豆、ゆば、
昆布、海苔、ひじき、切干大根、味噌、梅干、くず、ふりかけなんかがあります。
e0020455_21515029.jpg

                  これは大豆と小豆

e0020455_21522188.jpg

                  こちらはひじきと豆腐

ちなみに、豆腐はやたらと硬いので冷奴にはむいてません。
味噌汁ならなんとかいけます。あとはひじきと野菜を加えて
豆腐ハンバークなどにするのがいいです。

イタリアのごく一般的なスーパーでも、おなじみのキッコーマン卓上しょうゆ、
すし用海苔に加えて、最近はわかめ、日本製うどんをみかけました。

頑張れミラノ!
[PR]
by ippopotamoo | 2005-07-13 22:03 | A tavola

<< Epil Stop? ~大豆の...      Mariage Freres >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧