Top

パンチェッタの行く末 (Antipasto)

e0020455_2116880.jpg


昨日、料理雑誌について書いたところですが、戴いたコメント(皆様ありがとうございます!)を読みながら「立ち読み」にふとひっかかりました。

日本にいたころ、料理雑誌にファッション雑誌に情報雑誌に・・・と欲しい雑誌が溢れかえっていて、かと言ってお財布との相談もしなくちゃでよ~く吟味して厳選したもの以外は、失礼なことに「立ち読み」でやり通しておりました。こちらで暮らしていて、「立ち読み」をしてるか?と考えてみたところ、あまりやってないんです。イタリア語なんで、「立ち読み」だけじゃ事が足りないっていうのは言うまでもないですけど(汗)、立ち読みしたい雑誌は本屋でなくEDICOLAと呼ばれる路上にぽつんと立っているキヨスクのようなスタンドか、あるいはスーパーの雑誌コーナーでしか買えないんです。すっかり当たり前になってましたが、これっておかしくないですか?どうして本屋で雑誌を取り扱ってないんでしょう?本屋で取り扱わない理由は一体何?と気になって仕方ありません・・・。誰か教えてぇ~!

「立ち読み」に話を戻すと、つまるところスタンドで粘って「立ち読み」はできないし、スーパーへ行くのは食品類を買うのが目的でいつも急ぎ足で買い物を済ませてることが多い為、スーパーの雑誌コーナーでゆっくり「立ち読み」っていうのもしないわけです。それに、ビニールのかかってる雑誌もたくさんあります。(←いじわるぅ~!)

さて、トップの写真ですが、以前ご紹介した自家製パンチェッタを使った一品。すいません、一品という程のものでもなく、ちょこっと前菜やおつまみにできるお手軽な一品です。ドライプルーンをパンチェッタでくるっと巻いて、オーブンで4~5分焼くだけ。これなかなか美味しいですよ。確か、スペインのTAPASだったかギリシャ料理だったかな・・・。

イタリアではお肉の漬け合せやお飾りで出てきたりします。パンチェッタでなくラルド(もっと脂身が多いパンチェッタ)を使うのが本来のようですが、うちでは脂身の少ないパンチェッタを巻いて作ります。

本当は表面もカリッと行くはずだったのですが、この日パンを焼いた後のオーブンに入れて焼いたので、鉄板がガンガンに焼けていたのか下だけが焦げてしまう始末。ひっくり返す余裕もなく、そのまま取り出して加熱終了にしちゃいました。

で、パンチェッタの行く末ですが、ああいてこうしてブログに載せよう!なんていろいろ考えてるうちに、まともな料理にもならずに全部食べきっちゃいました。(ずいぶん前の話になります。)焼いて食べるのが何よりも一番美味しかったです。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-11-10 21:27 | A tavola

<< NovantaSei (96)      MINORI (Riso Gi... >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧