Top

Gallette de Sarrasin (Francese)
e0020455_2344240.jpg


そば粉のクレープ。
クレープというよりか、手巻きという感じです。

こちらでもそば粉(イタリア語ではFarina di Saraceno)はBIOショップで見つかるので、うちでも時々食卓にあがります、ガレット。焼いた時の香り、風味、舌触りが小麦粉で焼いたクレープとは全く違い、1度食べたら結構くせになってしまいました。しっとり感がたまりません。


e0020455_2373292.jpge0020455_2375185.jpg


手巻き寿司同様、各自お好みの具を好きなように巻いて食べるので、いろんな味を楽しめるよう小さめに焼きます。フライパンが小さい分、薄くのばして焼くのも容易になります。もったいないような気がするけど、端はこんな風にしてカットしてしまうと見た目も綺麗。(←料理教室で教えてもらいました。)時間のある時は多めに焼いて10枚ずつくらいラップに包んで冷凍にしておくと便利です。うちは電子レンジがないので、使いたい日は朝のうちに冷凍庫から取り出して常温解凍し、夕食に包み焼きや重ね焼きに使ったりしてます。


e0020455_2383630.jpge0020455_2385578.jpg


今回は冷蔵庫にあったチーズ各種とProsciutto Cotto(ハム)、それにサラダ菜をネタに。チーズはCrescenza, FiladelfiaのフレッシュチーズとPlovoloneDloce、FruilanoFresco
(熟成チーズの中でも熟成期間の短いフレッシュなもの)の2種、そしてPiave Vecchio(じっくり熟成されたハードなチーズ)で、これらはうちではほぼ常備されてるものです。

本場のガレットとはかなりかけ離れてるような気がしますが、私はこれで満足!とかいいつつ、
やっぱり暖かい、チーズとろとろのもやっぱりいいなぁ~。
[PR]
by ippopotamoo | 2005-10-12 20:02 | A tavola

<< EUROCHOCOLATE i...      Dayton >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧