Top

Insalata di Farro (Antipasto)

実は、昨日思い出せないことがひとつありました。
イタリア語では前置詞と定冠詞がドッキングしてひとつの単語になるのですがそのうちのひとつが思い出せなくて頭の中をず~っとめぐっていました。(汗)

よくイタリアンのメニューで「リゾット・アッラ・ミラネーゼ」や「スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ」っていうのを見たことがあると思います。この「アッラ」や「アッレ」がその前置詞+定冠詞にあたるのですが、男性・女性名詞に対し単数・複数の変化があるので4種の変化+例外で合計5通りの言い方になります。(アル、アッラ、アイ、アッレ、アリという具合)

もちろん私の頭はごっちゃになります。

ちなみにこの「アッラ」や「アッレ」は「~風」「~(入り)の」という意味で、リゾット・アッラ・ミラネーゼなら ’ミラノ風リゾット’、スパゲッティ・アッレ・ボンゴレなら’ボンゴレ(入り)のスパゲッティ’という意味になります。要は地名か具のどちらかが後にきます。是非レストランで参考にしてみてください。

私が思い出せなかったのは、「アイ -ai-」(男性複数)。昨日アップしたブルーベリー入りのマフィンをイタリア語にすると、Maffine ai Mirtilli となるのが「ai」をすっかり忘れていてタイトルに入れることができませんでした。後に私の相棒に尋ねると、なんと彼もすぐにでてこない!2人して「アル・アリ・ア・・・・・」と数分。な~んだ、イタリア人もすぐに出てこないのね。ふふっ。

e0020455_1958409.jpg



さて、前置きが長くなりましたが、先日のスペルト小麦。期限が切れかけていたので使い切ることにして、ライスサラダなる、’スペルト小麦のサラダ’にしました。私の定番は、なす・3種のぺペロー二(赤・黄・緑)・ズッキーニをみじん切りにし、さっとオリーブオイルで炒め、それを茹でたスペルト小麦と合えるだけ。味付けは塩・こしょう・ごく少量のバルサミコで整えるだけ。野菜を細かく切ることで、加熱時間が2~3分で済むので時間短縮になるのと、炒めすぎないので消化の助けにもなります。今日は、himawariさんが先日与えてくださったアイデアを参考に、お醤油を隠し味にたらしてみました。お醤油の風味がよくマッチしてとても美味しくできました。これからは+醤油が定番になりそうです。himawariさんの’にんにく醤油’も美味しそうですけど・・・。(次回試します!)
[PR]
by ippopotamoo | 2005-10-04 19:52 | A tavola

<< Sagu Pulao (Ind...      Maffine (Dolce) >>

Benvenuto!
by ippopotamoo
・Profile
ミラノ在住(99年~)
趣味:料理、旅

perbaccO!

検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧